新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 このブログでは、「湿潤療法」「粉瘤」に関する症例が多いのですが、私は整形外科医ですので、基本的には整形外科の患者さんが多く来院されます。

その多くの患者さんが、「腰痛」「肩こり」「膝痛」です。

診療の際、よく「湿布」を処方いたしますが、その際に患者さんからよく質問される事が御座います。

それは、題にも書きましたが

「冷湿布と温湿布はどう使い分けるのですか?」

「冷湿布と温湿布はどちらが良いのですか?」

という質問です。

答えから書かせて頂きますと

冷湿布、温湿布共に、効果は同じです

そして、冷湿布、温湿布共に、皮膚温は1℃も下がっておりませんし、上がっておりません。

湿布の袋をよく見て頂きたいのですが、正しくは

冷感湿布

冷感湿布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温感湿布

温感湿布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「冷湿布」 「温湿布」 と書かれております。

そうなんです。感じるだけなんです

冷たい感じがする湿布の事は通称「冷湿布」、温かい感じがする湿布の事は通称「温湿布」と呼ばれております。

冷感の正体は「メンソール」、温感の正体は「カプサイシン」です。

「メンソール」はよくリップクリームの成分として使用されておりますが、スーっとした感じが致します。その感じが冷たい感じを醸し出しております。

「カプサイシン」は辛しの成分です。辛しを塗ると「ヒリヒリ、ピリピリ」と熱い感じが致します。その感じが温かい感じを醸し出しております。(温感湿布の方がかぶれ易いのは、辛しの成分のせいです。)

よって、冷感湿布を貼りましても、温感湿布を貼りましても、皮膚温は1℃も上がっておりませんし、下がっておりません

では湿布を貼る意味は無いのでしょうか?

そんなことは御座いません。

消炎鎮痛剤が含まれておりますので、痛みを抑える効果は御座います。

ただ、消炎鎮痛剤のみの湿布というのが無いのです。

「スーッ」「カーッ」という感じがないと売れないのでしょう。

よって、筋肉痛に湿布を貼る意味は御座いますが、「冷」であろうが「温」であろうがどちらでも効果は同じです。

 


2015年7月2日  6:00 AM |カテゴリー: 診療

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射