新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、60代です。

飼い猫に母指を咬まれて、受傷されました。

その日のうちに、だんだんと痛くなってきたために、当院を受診されました。

咬まれた傷は、傷が深い為に、表面を消毒しても意味が御座いません。

創部深部に溜まった汚い液を排出しないと治りません。

そこで、ナイロン糸を挿入し、毛細管現象を利用し、排液して治します。

局所麻酔をして、傷の深さを探り、糸を出来るだけ深くまで挿入します。

創部から出た糸は、ハイドロコロイドでサンドイッチにして指先に固定し、プラスモイストで創部を覆います。

(湿潤療法を作られた夏井先生に教えて頂いた治療法です。)

通常、1日から2日後に糸を抜去致します。

この患者さんは、処置1日後に痛みが軽減し、腫れも引いていた為に、ナイロン糸を抜去致しました。

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸挿入)

初診時(ナイロン糸挿入)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後5日

加療後5日

 


2017年12月18日  6:00 AM |カテゴリー: 動物咬傷,ナイロン糸ドレナージ

 患者さんは、40代 です。

飼い犬と遊んでいる最中に手を咬まれ受傷されました。

夏井先生のH.P.を毎日チェックされておられる患者さんです。

そのH.P.に動物咬傷の局所治療に関して書いてあった記事を思い出し、夏井先生のH.P.から当院を探され、当院を受診されました。

局所の痛みが強く、腫れていた為に、局所麻酔下にてナイロン糸を挿入しドレナージを行いました。

創部はプラスモイストで覆いました。

2日後に腫脹、痛みが軽減している事を確認し、糸を抜去致しました。

 

処置前

処置前

 

ナイロン糸挿入後

ナイロン糸挿入後

 

ナイロン糸ドレナージ 処置後2日

処置後2日

 


2016年12月1日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,動物咬傷

 患者さんは、30代 女性 です。

飼い猫に右中指先端を咬まれて受傷されました。

痛くなってきたために、2日後に地元の○○皮膚科を受診されました。

そこの医師から

「深さが1cm有るから、膿んでいる部分と壊死している部分を切り取ります。」

と言われたそうです。

そこで、これはおかしいと思われ、その処置は一旦拒否され自宅に帰り、色々と調べられ夏井睦先生のナイロン糸ドレナージ法に辿り着き、夏井先生にメールされました。

すると、夏井先生からすぐにお返事が有り、当院へ行く様にと勧められたそうです。

そこで、当院受診となりました。

局所麻酔下にて、まずは傷の深さを探ります。

その後、ナイロン糸を挿入しました。

抗生物質は処方しておりません。

翌日、痛み、腫脹ともに軽減されました。

「是非ブログに載せて下さい!」とニコニコして帰られました。

犬、猫に噛まれた傷は、深いです。

よって、表面をいくら消毒致しましても、抗生剤を点滴致しましても、なかなか治りません。

深部に溜まった浸出液を排出しなければ、炎症は治まりません。

ナイロン糸ドレナージ法は簡便でかなり有益な処置方法です。

初診時-1

初診時-1

 

初診時-2

初診時-2

 

初診時(糸挿入後)-1

初診時(糸挿入後)-1

 

初診時(糸挿入後)-2

初診時(糸挿入後)-2

 

ナイロン糸ドレナージ法 加療後1日-1

加療後1日-1

 

ナイロン糸ドレナージ法 加療後1日-2

加療後1日-2

 


2016年4月7日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,動物咬傷

 患者さんは、30代 女性 です。

自宅の犬に左手を咬まれて受傷されました。

痛みがひどくなってきたために、当院受診されました。

局所麻酔下にて、発赤と疼痛のある咬創の深さと創の方向を確かめ、ナイロン糸でドレナージをしました。

翌日には、痛みが無くなりました。一度も消毒はしておりません。

動物咬傷の場合、いくら表面を消毒しても、抗生物質を投与しても治りません。

治療で重要な事は、的確なドレナージをすることにより感染源を除去する事です。

(夏井先生のH.P.のナイロン糸ドレナージ法を参考にさせて頂いております。)

 

初診時

初診時

 

初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)

初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)

 

加療後1日

加療後1日

 

加療後3日

加療後3日

 

加療後7日

加療後7日

 


2016年3月28日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise,動物咬傷

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射