炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、50代 女性 です。
数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
だんだん痛くなってきて眠れなくなってきた為に、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を調べられ、当院を受診されました。
炎症が強くとも、全く問題無く手術する事が出来ます。
また、炎症が強くとも、全く問題無く、くりぬき法で手術する事が出来ます。
術後は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
術後、感染状態にはなりませんでしたの、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後15日

術後15日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

(実通院日数 5日)

関連記事

  1. 術中(被膜ごと摘出された粉瘤)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 8月3日(粉瘤被膜を摘出)2

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 初診時

    頚部の粉瘤(アテローム)

  5. 摘出された粉瘤(アテローム)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP