まぶたの割創です。(テープ固定)

 患者さんは、20代です。

貧血で転倒された際に、左まぶたを机の角にぶつけて受傷されました。

地元の基幹病院である○○総合病院救急外来を受診されました。

すると、年配の医師の指導を受けながら、若い医師から縫合されたそうです。

「そこは違う。」

「もう少し深く。」

等の声が聞こえたんだそうです。

かなり不安になり、これでは傷跡が残ってしまうのではと心配になり、ネットで綺麗に傷を治してくれる所を探され、ご遠方より当院を受診されました。

(私も若いころは、隣で指導医からご指導して頂き、縫合しておりました。幸い、トラブルは御座いませんでしたが、当時の患者さんにしてみれば、それは不安になられた事と思います。)

かなり、タイトに縫合されていましたので、抜糸いたしました。

その後、テープで固定致しました。

 感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

初診時

初診時

 

初診時(抜糸後)

初診時(抜糸後)

 

初診時(テープ固定)

初診時(テープ固定)

 

テープ固定 加療後1日

加療後1日

 

テープ固定 加療後7日

加療後7日

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 前回の続きです。

  2. 初診時

    顔面挫創治療5年後の写真です。

  3. 下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  4. ティファール熱傷のその後です。(湿潤療法)

  5. 先週に引き続き、顔の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時(正面)

    5歳 小指の裂傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP