1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。

床に置いてあったアイロンを触ってしまい、熱傷されました。

近医である○○整形外科を受診。

消毒、ガーゼ処置だったそうです。

説明、処置に納得のいかなかったお母さんは、必死に熱傷に関して色々と調べられました。

その結果、「湿潤療法」という治療法が有るという事に辿り着きました。

お母さんご自分の判断で、○○整形外科でしてもらっていたガーゼを剥がし、キズパワーパッドを毎日貼りかえておられたそうです。

自宅近くで湿潤療法をしているとH.P.に書いて有る、△△クリニックが有ったために、受診されました。

そこの医師からは

「毎日キズパワーパッドを貼りかえると、新しく出来た皮膚がはがれるので、毎日貼りかえてはいけません。」

と言われたそうです。

その説明に納得のいかなかったお母さんは、再度必死に調べられ、熱傷後4日目にご遠方より当院を受診されました。

診察の際、「○○整形外科の医師より、△△クリニックの医師より、お母さんの判断の方が正しいです。」と申し上げました。

ハイドロコロイドは、毎日貼り替えないといけません。

毎日、創部を直接シャワーで流して洗わないと、感染致します。(その際に石鹸を使用してはいけません。創部に直接界面活性剤を使用致しますと、強い痛みを伴い、創部が深くなるからです。)

また、ハイドロコロイドを剥がす際に、新し皮膚がはがれる事は御座いません。

ハイドロコロイドと創部との間は、、浸出液(細胞成長因子)で満たされているので、新しい皮膚はハイドロコロイドに引っ付いていないからです。

本来、治療に関してプロでなければならない医師より、素人である患者さん、患者さんの親御さんの方が、治療に関して正しい知識をお持ちであるというケースは、「湿潤療法」に関しましては、非常に残念なのですが良く有ります。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。その際に、毎日ハイドロコロイドは貼り替えて頂きます。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後6日

加療後6日

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

 

湿潤療法 加療後49日

加療後49日

 

関連記事

  1. 初診時

    6歳 5年間治らなかった手荒れです。(湿潤療法)

  2. 足底術後、植皮が必要と言われた患者さんです。(湿潤療法)

  3. 顔の挫創です。(湿潤療法)

  4. 植皮が必要と言われた患者さん。

  5. 1歳 胸部熱傷です。(湿潤療法)

  6. 感染していないのに抗生物質を内服することは止めましょう。

PAGE TOP