頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

 患者さんは、60代です。
数年前より、左頬に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
手術目的にて、○○病院を受診。
すると、医師からは
「手術すると、キズが大きく残ります。とりあえず、抗生物質で小さくしましょう。」
と言われ、抗生物質が処方されたそうです。
きちんと、毎日3回1週間内服されましたが、全く効果が無かったそうです。
効果が無かったどころか、余計に大きくなってしまった。
そこで、色々とネットで調べられ、当院を受診されました。
粉瘤に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。
それどころか、体を守ってくれている常在菌を殺すことになりますので、内服してはいけません。(大腸菌が殺されますので、下痢します。等)
くり抜き法で手術致しました。
術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後毎日、シャワー、入浴 OK です。
術後感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
別件で、2年8か月後に受診されましたので、写真を撮らせて頂きました。
ここまで綺麗に治るのかと、正直驚きました。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後2年8か月

術後2年8か月

関連記事

  1. 術中

    顔の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 耳の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術後1日

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術前

    炎症の強い肩の粉瘤です。(くりぬき法)(術後2年写真有)

PAGE TOP