1歳 胸部の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。
台所に置いてあった入れたてのお茶をかぶってしまい、熱傷されました。
地元の基幹病院である〇〇総合病院皮膚科を受診。
ガーゼ処置だったそうです。医師から
「重度の熱傷だから入院しなければいけません。
手術が必要になるかもしれません。」
と言われたそうです。
しかし、お母様は湿潤療法について少し知識が有ったので、
「これはおかしい。入院しなくても、治るはずだ。」
と思われ、入院を拒否。
ネットで調べて、ご遠方より当院を受診されました。
残念ながら、〇〇総合病院の皮膚科の医師(おそらく皮膚科専門医)より、皮膚科専門医では無いお母様の方が、熱傷に関して正しい知識がおありだったということです。
(ちなみに、私も皮膚科専門医では御座いません。
整形外科専門医ではありますが。)
ハイドロコロイドで治療致しました。
感染傾向は無かったために、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

関連記事

  1. 初診時

    眉毛部の切創です。(テープ固定で加療しました)

  2. 1歳女子 下腿熱傷のその後です。(湿潤療法)

  3. 皮膚湿疹

  4. 0歳 下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 大腿、下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 3歳 女児 前腕熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP