炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中

 患者さんは、30代です。
20年ほど前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
1か月前より痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。
そこの医師から
「炎症が強いから今は何も出来ません。
とりあえず抗生物質を内服して、炎症を抑えましょう。」
と言われ、抗生物質が2週間分処方されました。
抗生物質を内服しましても、ますます痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。
当院のブログを見て、炎症が強い粉瘤に対して抗生物質が効果が無いことを知り、すぐに抗生物質の内服を止められたそうです。
炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質を処方する医療機関は非常に多いです。
しかし、全く効果が御座いません。
炎症は、粉瘤の袋の中で起こっております。
粉瘤の袋の中には血管は御座いません。
よって、抗生物質の効果は粉瘤の袋の中まで届きません。
まれに、「抗生物質を内服したら袋が破裂しました。」と言われる患者さんがおられます。
しかし、それは抗生物質を内服した時期と、袋が破裂した時期がたまたま同じだったという事であり、抗生物質の効果では御座いません。
炎症が強くなってまいりますと、10日以内に破裂することが多いです。
また、炎症が強い粉瘤であっても、全く問題なく「くりぬき法」で手術出来ます。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

摘出された粉瘤の袋と内容物

摘出された粉瘤の袋と内容物

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後11日

術後11日

術後3か月

術後3か月

 

関連記事

  1. 術後1日

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 顔の粉瘤(アテローム)です。

  5. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  6. 粉瘤(アテローム)摘出手術予約状況

PAGE TOP