炎症の強い粉瘤でも手術は可能です。

最近、粉瘤の炎症が強い為に他院で手術を断られ、抗生物質の内服で様子を見ましょうと言われ、色々と調べられ、当院へご受診される患者さんが多いです。

炎症が強くとも、手術は可能です。

むしろ、被膜が浮いているので手術がやり易いくらいです。

そして、抗生物質はほとんど効果は御座いません。

また、炎症が強いと麻酔が効かないと言わるケースが多い様です。

しかし、炎症が強くとも、麻酔は普通に効きます。

「炎症が強いから麻酔は効かない。」と言われ無麻酔で切られたという、患者さんが来られました。

むちゃくちゃ痛かったそうです。そりゃあ、そうだと思います。

(僕なら失神しているかも・・・)

炎症が強くとも手術は出来ます。

 炎症が強くとも、抗生物質はほとんど効果は御座いません。

 炎症が強くとも、麻酔は効きます。

炎症が強くて手術をしてもらえずに困られておられる患者さんは、夏井先生のH.P.からクリニックを探される事をお勧め致します。

PAGE TOP