新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 このブログでは、「湿潤療法」「粉瘤」に関する症例が多いのですが、私は整形外科医ですので、基本的には整形外科の患者さんが多く来院されます。

その多くの患者さんが、「腰痛」「肩こり」「膝痛」です。

診療の際、よく「湿布」を処方いたしますが、その際に患者さんからよく質問される事が御座います。

それは、題にも書きましたが

「冷湿布と温湿布はどう使い分けるのですか?」

「冷湿布と温湿布はどちらが良いのですか?」

という質問です。

答えから書かせて頂きますと

冷湿布、温湿布共に、効果は同じです

そして、冷湿布、温湿布共に、皮膚温は1℃も下がっておりませんし、上がっておりません。

湿布の袋をよく見て頂きたいのですが、正しくは

冷感湿布

冷感湿布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温感湿布

温感湿布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「冷湿布」 「温湿布」 と書かれております。

そうなんです。感じるだけなんです

冷たい感じがする湿布の事は通称「冷湿布」、温かい感じがする湿布の事は通称「温湿布」と呼ばれております。

冷感の正体は「メンソール」、温感の正体は「カプサイシン」です。

「メンソール」はよくリップクリームの成分として使用されておりますが、スーっとした感じが致します。その感じが冷たい感じを醸し出しております。

「カプサイシン」は辛しの成分です。辛しを塗ると「ヒリヒリ、ピリピリ」と熱い感じが致します。その感じが温かい感じを醸し出しております。(温感湿布の方がかぶれ易いのは、辛しの成分のせいです。)

よって、冷感湿布を貼りましても、温感湿布を貼りましても、皮膚温は1℃も上がっておりませんし、下がっておりません

では湿布を貼る意味は無いのでしょうか?

そんなことは御座いません。

消炎鎮痛剤が含まれておりますので、痛みを抑える効果は御座います。

ただ、消炎鎮痛剤のみの湿布というのが無いのです。

「スーッ」「カーッ」という感じがないと売れないのでしょう。

よって、筋肉痛に湿布を貼る意味は御座いますが、「冷」であろうが「温」であろうがどちらでも効果は同じです。

 


2015年7月2日  6:00 AM |カテゴリー: 診療

 最近、耳を疑うような事を前医に言われて(されて)当院へ受診される患者さんが、複数人いらっしゃいましたので、ご紹介させて頂きます。

 

① 直径2cmほどの小さな低温熱傷で近くの皮膚科で加療中に、なかなか治らないからと「植皮をした方が綺麗に治る。」と言われ植皮を勧められた患者さん。

→ もちろん「湿潤療法」で植皮せずに治る事を説明。ただ今加療中です。おそらくあと1か月ほどで治るでしょう。

 

② 直径2cmほどの粉瘤(アテローム)で近くの皮膚科を受診。炎症が強いからと抗生物質が処方され、「炎症が引いて1年くらいたってからでないと手術が出来ません。」と説明された患者さん。

→ 粉瘤は垢が溜まる病気ですので、抗生物質を内服致しましても、治りません。また、炎症がいくら強くとも手術は出来ます。(2015年3月19日ブログ参照して下さい。)そして、1年間待つ意味は全く御座いません。(おそらく、この皮膚科の医師は手術をしたくなかったのだと思います。)

 

③ 直径1cmほどの粉瘤(アテローム)で近くの皮膚科を受診。かなり癒着しているから大きく切らないと摘出出来ないと言われた患者さん。

→ 粉瘤が癒着しているという意味が、私の勉強不足なのかもしれませんが、分かりません。少なくとも、診察時はいつも通りの普通の粉瘤に私には見えました。いつも通り、5mmのパンチを使用し、くりぬき法で手術致しました。その後、傷は普通に治りました。

 

④ ○○美容外科でデリケートゾーンのレーザー脱毛をした際に、熱傷された患者さん。

→ レーザー照射をする際に、レンズを付け忘れた?のかもしれません。「湿潤療法」で治療し治りました。

 

 全員他府県からの患者さんでした。ご遠方よりわざわざ本当にご苦労様でした。かなりのご遠方より受診して頂きますと、恐縮してしまいます。

 前医の悪口を書くつもりで書いているのでは御座いません。

私も、どこかで「郡田先生にあんなこと言われた。こんなことされた。」と言われているかもしれません。いや、言われているでしょう。

ただ、この4つのケースはあまりにも患者さんが可愛そうでしたので、敢えて書かせて頂きました。

  5月21日(木曜日)は、学会出席のために、休診とさせて頂きます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程宜しくお願い致します。

 


2015年5月18日  6:00 AM |カテゴリー: 診療

 患者さんは、30代 女性 です。

2年前より、背部に粉瘤が有ったそうです。

数か月後、海外旅行に行く為に、それまでに治して欲しいと、色々と調べられ、関東よりご受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後は、湿潤療法で治療致しますので、一切消毒は行いません

もちろん、毎日シャワー、入浴 OKです。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません

 当院は、傷、熱傷に対し湿潤療法加療目的また、粉瘤(アテローム)摘出術目的にて来院される患者さんが非常に多いのですが、ここ1年間は感染状態になられた患者さんはお一人もおられませんでした。

よって、抗生物質はここ1年間処方しておりません。

怪我、熱傷、術後に感染予防目的にて抗生物質を内服してはいけません。

なぜならば、感染予防には成り得ないからです。

(感染状態になって初めて抗生物質は内服する薬です。)

感染状態では無いのに抗生物質を内服致しますと、体を守ってくれている細菌が殺されるために、逆に感染しやすくなります。

癌になるのが嫌だからと言って、毎日抗がん剤を内服しないのと同じことです。

癌でないにも関わらず抗がん剤を内服することは、癌予防には成りません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

被膜ごと摘出された粉瘤

被膜ごと摘出された粉瘤

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後15日

術後15日

 

 4月より、午後診療時間が変更致しました。

3月までは、午後4時~午後7時まででしたが、

4月より、午後3時30分~午後6時30分となりました。

ご了承の程、宜しくお願い致します。


2015年4月2日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法,診療

 「痩せようと思って毎日走っているんですけど、最近膝が痛いんです。」

という患者さん、結構多いです。

「健康のため」と思って、運動をされておられます。

しかし、考えてみてください。

重たい体で走ったら、膝、腰に負担がかかるのは当然です。

ですから、僕はそういう患者さんに毎回言っております。

走りたいと思っておられるなら、痩せてから走って下さい。」と。

「走る」という運動はかなり体に負担がかかるのです。

よって、「走る」という事をしたいのであれば、痩せてからしないと体を壊します。

総じて、「運動は体に悪い」のです。

運動をするから怪我をするのです。

運動をしなければ、怪我はしないのです。

気分転換も必要ですから、運動の全てを否定するすもりは御座いません。

(私は、大学時代バスケ部でした。下手でしたが。)

しかし、やり過ぎは体を壊しますので、ご注意下さい。

体は、そもそもそんな激しい運動をされると思って出来ておりません。

運動をすると膝が痛くなる。

ヒールを履くと足が痛くなる。

重たい物を持つと、腰が痛くなる。

お酒を飲みすぎると、肝臓が悪くなる。

となる訳です。

 ダイエットをするのであれば、糖質制限が一番楽です。

お腹いっぱい食べても痩せますので。

糖質制限とは、炭水化物(糖質)を食べない、または少なくする食事法です。(私はほとんど炭水化物は食べません。)

肉、魚、野菜はお腹いっぱい食べても太りません。しかし、炭水化物(糖質)はすぐに太ります。

茶碗一杯のご飯は、角砂糖約15個分の糖分です。食パン一枚は、角砂糖約7個分の糖分です。お腹の中では全く同じものになります。

運動は、痩せてから、適度にするように致しましょう。

 


2015年1月26日  6:00 AM |カテゴリー: 糖質制限,診療

 新年あけまして、おめでとうございます。

本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

1月3日(土)まで、冬期休暇とさせて頂いております。

1月5日(月)より通常診療となります。

ご了承の程、宜しくお願い致します。

 

                       郡田大宇

 


2015年1月1日  6:00 AM |カテゴリー: 日常,診療

 患者さんは、30代 女性です。

 頚部の粉瘤が数年前からあり、手術目的にて、他府県からわざわざご受診して頂きました

手術は、くりぬき法で行いました。

術後は、もちろん湿潤療法で加療いたしました。

よって、一度も消毒はしておりません。

また、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

粉瘤(アテローム)摘出 術中(被膜ごと摘出)

術中(被膜ごと摘出)

 

 

 

 

 

 

 

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

 

 

 

 

 

 

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

 

 

 

 

 

 

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 

 

 

 

 

 

 


2014年12月15日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法,診療

 現在、粉瘤(アテローム)陥入爪イボ 等の手術予約枠は、最短で来年2月末となっております。もうまもなく、2月の枠も埋まりそうです。

 来年2月までは待てない状況の患者さんに対しましては、最近では、可能であれば当日手術をさせて頂いております。しかし、当日手術出来るかどうかは、当日外来の混雑状況、病状によりますので、事前にお約束する事は出来ません。ご了承の程宜しくお願い致します。


2014年12月2日  9:12 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,陥入爪,診療

 患者さんは、60代 女性 です。

転倒され、受傷されました。

他疾患で当院通院経験のある方で、当日受診されました。

 湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。

もちろん、一切消毒はしておりません。毎日お風呂OKです。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時(鼻下)

初診時(鼻下)

 

 

 

 

 

 

初診時(顎)

初診時(顎)

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療後8日

加療後8日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療後15日

加療後15日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月30日(土曜日)の受付時間は、

学会出席のために午前11時までとなります。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほど何卒宜しくお願い致します。

 


2014年8月28日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise,診療

① 炎症が強い粉瘤(アテローム)が有るのですが、手術出来ますか?

  → 基本的に、強い炎症がある状態でも手術は出来ます。しかし、最終判断は、診察後になります。

 

② 最短での手術予約日はいつになりますか?

  → 現在のところ最短で、9月11日(木曜日)となります。

 

③ 何曜日が外来すいていますか?

  → 一概には何とも申し上げられませんが、月、木、土曜日より、火、金曜日の方がスムースに外来にご案内出来る事が多いです。しかし、本当に日によって違いますので、火、金曜日でも1時間以上待って頂く場合も御座います。

 

④ 手術は受診時にしてもらえますか?

  → 基本的に手術は予約のみの対応となっております。しかし稀ですが、外来の混雑状況及び、疾患の状況状態によりましては、当日対応させて頂く場合も御座います。申し訳御座いませんが、お電話での段階では、確約する事は出来かねます。

 

⑤ 糖尿病があるのですが、粉瘤(アテローム)の手術が出来ますか?

  → 血糖コントロールが悪いと術後感染する確率が高くなります。診察させて頂かないと断定は出来ませんが、血糖コントロールがしっかりと出来ていれば、特に問題なく出来ると思います。


2014年6月30日  3:16 PM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,診療

① 炎症が強い粉瘤が有るのですが、手術は可能でしょうか?

   → 診察させて頂かないと分かりませんが、基本的に炎症が強い感染状態でも手術は可能です。

 

② 現段階での最短手術予約日はいつですか? 

   → 9月1日(午後3時50分)です。

 

③ 受診当日に手術をしてもらうことは可能ですか?

   → 基本的に、手術は予約制で行っております。しかし、当日の外来混雑状況、病状によりましては、当日対応させて頂く場合もまれですが御座います。申し訳御座いませんが、ご受診後の判断となりますので、お電話ではお約束する事は出来かねます。(お約束は出来かねますが、イボの手術は比較的短時間で終わりますので、当日対応する事が多いです。)

 

④ 多数粉瘤が有るのですが、一度に手術する事は可能ですか?

   → 一度に数か所手術する場合も御座います。小さい粉瘤が多数有る場合には、なるべく一度に手術するようにしております。しかし、受診して頂き診察させて頂いた後の判断となりますので、お電話ではお約束する事は出来かねます。

 

⑤ バイアグラ以外のED治療薬の取り扱いはされていますか?

   → しております。

 当院でお取扱いしているED薬は

バイアグラ

シアリス

シルデナフィルOD錠(バイアグラのジェネリックです)

です。

 


2014年6月24日  12:15 PM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,ED,診療

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射