新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 本日も、沢山の熱傷、傷の患者さんが来院されています。

もちろん、初めて湿潤療法を受けられる患者さんもおられます。

他院で従来どおりの「消毒、ガーゼ、乾燥」の治療を受けられ、これはおかしいと思われご自分で「湿潤療法」を調べ、当院を受診される患者さんは結構おられます。

そういう患者さんであっても、やはり従来どおりとは180度違う治療法である「湿潤療法」には、最初驚かれる方が多いです。

しかし、驚かれても当然だと思います。

なにしろ、「消毒しない、ガーゼあてない、乾燥させない」ですから。医師であっても、そして形成外科医、皮膚科医であっても、残念ながらこの治療法を知らない、または植皮術が好きなために「湿潤療法」を嫌う先生が多いのも事実です。おそらく未だ9割以上の医師がそうだと思います。恥を忍んで申し上げますと、私も医師になった当初(今から十数年前)からつい3年前までは、傷、熱傷に対して消毒しておりました。(当時の患者さん、すいませんでした。)

そして教科書には、未だに消毒するように書いてあります。

「湿潤療法」は、最近始まった治療法だからなのです。おそらく、あと十年もすればもっと普及していると思います。

私は、患者さん、患者さんのご両親等に対しまして、最初に「湿潤療法」の原理をご納得して頂けるまで説明してから、治療しております。

もしも、分からないこと、不安なことが御座いましたら、どうぞ質問して下さい。

 


2013年1月31日  3:26 PM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn,傷、怪我 Bruise

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射