新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 先日、とっても可哀想な患者さんが来院されました。

要約すると、以下の通りです。

 

足趾の爪をドアにぶつけ、爪がグラグラに

     ↓

近医の「○○外科」受診

     ↓

消毒した上に、「爪取れかけてるから取っとくわ!」と無麻酔で抜爪  !!!

感染予防にと抗生剤処方

     ↓

当院へ湿潤療法を求めて逃避

 

上記の外科医師は3つの間違いをしております。

①「消毒をした」 感染状態でも無いのに消毒をすると、正常で皮膚再生には必要な皮膚常在菌が死滅し、やっかいな菌による感染の可能性を高めることになる。

②「爪をとった」 取れかけの爪を取ったところで、創部が早く治る訳ではないので、自然に取れるまで爪を取る必要は無い。(まして、無麻酔なんて、はっきり言って拷問 👿 !!!です。)

③「抗生剤を処方した」 感染状態では無いにも関わらず抗生剤を内服すると、感染予防にならないどころか、MRSA等、もっと厄介な菌が繁殖しやすい環境を与えることになる。

 

非常に残念な事ですが、未だに、こういう処置をしている所は多い様です。

当院の処置はほとんど痛みが無く、「最初からここに来とけば良かった!」と言って帰られました。

ちなみに「○○外科」の先生、元医師会会長までされ、地元では結構有名な先生だそうです。


2013年4月23日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射