新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 先日、3歳の可愛いお子様が熱傷で来院されました。

他院で、従来通りの治療を1週間受けておられ、治療に疑問を持たれ、湿潤療法希望にて当院へ来院されました。

湿潤療法の一通りの説明を、御両親にさせて頂きました。

すると、お母さんからの一言

「いったい何を信用したら良いのですか?分からなくなってきました。」と。

非常に正直な感想だと思います。

なにしろ、今まで痛い思いをしてまで従来通りの治療を受けておられたのに、私からは全く逆の説明、処置をされた訳ですから。

 

消毒 → しません

ガーゼ → あてません

乾燥 → しません

極力安静 → 運動OKです。普通の生活をして下さい。

濡らしてはいけません。 → お風呂、シャワーOKです。というより、必ず毎日洗って下さい。

処置による痛みが強い。 → ほとんど痛くない。

 

「いったい今までの治療は何だったんですか?痛がって痛がって、それを押さえつけて、本当に可哀想だったんです。」と。

医師から、それも熱傷の専門医から、それも大病院の先生から言われると、そうなのかなあと思われて当然です。

それを、小さなクリニックの医師(私)から全く逆の事を言われると、戸惑われて当然だと思います。

実は、残念ながら、患者さんの方が医師より湿潤療法について詳しいことの方が多いです。

少しでも早く、湿潤療法が従来の治療法を凌駕する日が来るよう、精進して参ります。

 


2013年9月30日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、可愛い可愛い10カ月の男の子です。

ポットの置いてある部屋に一人で入って行ってしまい(仕方ないのですが・・・)、

熱湯がかかり、熱傷されました。

救急車で大学病院救急外来受診。

従来通りの治療法だった為に、治療法に疑問を持たれ、湿潤療法を希望。

直接夏井先生の外来へ電話され、大阪で湿潤療法をしている当クリニックを紹介受診して頂きました。

 

 

受診時(正面)

受診時(正面)

 

 

 

 

 

 

 

受診時(側面)

受診時(側面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水疱切除後(正面)

水疱切除後(正面)

 

 

 

 

 

 

 

水疱切除後(側面)

水疱切除後(側面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療1週間後(正面)

加療1週間後(正面)

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療1週間後(側面)

加療1週間後(側面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療2週間後(正面)

加療2週間後(正面)

 

 

 

 

 

 

 

湿潤療法 加療2週間後(側面)

加療2週間後(側面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 2週間で奇麗に治りました。

御両親からは、

「夏井先生と郡田先生には感謝の気持ちで一杯です。

本当に有難う御座いました。

これは、感謝の気持ちです。受け取って下さい。」

と言って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の似顔絵を描いて下さいました。

嬉しいお言葉と、素敵なプレゼント。

久しぶりにこみ上げるものがありました。(なんとか泣かずに頑張りました。)

こちらこそ感謝です。本当に有難う御座いました。

診察室に飾らせて頂きます。

 

 


2013年9月25日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは40代 男性です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

当院へは別件で通院されておられたのですが、

「先生、こんな手術もしてるんですね。知りませんでした。手術してもらえますか?」と。

「もちろん、させて頂きますよ。」ということで、手術させて頂きました。

 

粉瘤(アテローム) 受診時

受診時

 

粉瘤(アテローム) 術中(内容物を排出)

術中(内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム) 術中(粉瘤の被膜を摘出)

術中(粉瘤の被膜を摘出)

粉瘤(アテローム) 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出術後4日目

術後4日目

 

 本日は、院内研修の為、休診とさせて頂いております。

大変ご迷惑おかけ致しますが、御了承の程何卒宜しくお願い致します。


2013年9月24日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 明日、9月24日(火曜日)は、院内研修の為に休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけ致しますが、御了承の程、何卒宜しくお願い致します。


2013年9月23日  6:00 AM |カテゴリー: 話題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生後10カ月の可愛い可愛い男の子の熱傷患者さんのお母様に

「感謝の気持ちです。」と私の似顔絵を描いてプレゼントして頂きました。

こみ上げるものが有り、ウルッときました。

なんとか泣かずに耐えましたが・・・

本当に嬉しかったです。

素敵なプレゼント、有難う御座いました。

診察室に飾らせて頂きます。

(症例写真は、後日掲載させて頂きます。)

 


2013年9月20日  4:29 PM |カテゴリー: 日常

患者さんは50代 男性です。

数か月前より、右頬に粉瘤(アテローム)が出来、切除目的にて来院されました。

 

粉瘤(アテローム) 受診時

受診時

 

粉瘤(アテローム)摘出術中(内容物を排出)

術中(内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出術中(粉瘤の被膜を摘出)

術中(粉瘤の被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出術直後

術直後

 

摘出された粉瘤(アテローム)の被膜

摘出された粉瘤の被膜

 

「すっきりした!」と、喜んで頂きました。

粉瘤(アテローム)切除後の患者さんの感想で一番多いフレーズが

この 「すっきりした!」 です。


2013年9月19日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

患者さんは、7歳の可愛い男の子です。

はしご車に体験乗車した際に、右手を挟まれ受傷されました。

他院で、消毒、ガーゼと従来通りの処置だった為に、

治療法に疑問を持たれた御両親が色々と調べられ、

湿潤療法」目的にて来院されました。

 

受診時

受診時

 

湿潤療法 加療10日後

加療10日後

 

もう治っています。

この後は、ワセリンで保湿有るのみです。

 

湿潤療法 加療1か月後

加療1か月後

 

他院での加療中は、消毒の度、ガーゼをはがず度に泣いておられたそうです。

そりゃあそうですよね。

創部にガーゼはひっつきますので、剥がす際に出血は必発ですから。

僕も泣くと思います。

湿潤療法に治療法を切り替えてからは、痛がられる事もほとんど無くなり、泣かれる事も無く、喜んで頂きました。

湿潤療法の利点は、もちろん早く奇麗に傷が治る事ですが、その上「痛みが少ない」というのは大きな魅力だと思います。

 


2013年9月17日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare

患者さんは、20代男性です。

バイクのマフラーに右下腿を接触し、熱傷されました。

お近くの皮膚科を受診され、従来通りの治療(ガーゼ、消毒処置)を約3週間受けておられました。

しかし、一向に治らない為に「植皮が必要です。」と言われたそうです。

そこで、患者さんご自身で色々調べられ「湿潤療法」にたどりつき、当院を御受診されました。

受診時

受診時

 

湿潤療法 加療2週間後

加療2週間後

 

湿潤療法 加療1か月後

加療1か月後

 

植皮する事無く、無事治りました。

患者さんにも喜んで頂き良かったです。

植皮を勧められてお困りの患者さんは、是非とも「湿潤療法をしている医師」にご相談される事をお勧めいたします。


2013年9月16日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 先日、3年ぶりに腰痛で来院された患者さんの、診察室へ入るなりの第一声です。

「白髪増えたねー!」とも。

3年前から白髪は多かったのですが、当時は自分で染めていたのであまり目立たなかったのかもしれません。

最近、自分で染めるのが面倒になってきた為に、染める事をさぼっておりましたので、余計に目立ったのでしょう。

ちなみにその患者さん、僕より10歳ほど年上ですが、髪の毛は黒々していました。

羨ましい限りでした。


2013年9月13日  6:00 AM |カテゴリー: 日常

患者さんは、4歳の可愛い女の子です。

アイロンが当たってしまい、下腿を熱傷されました。

湿潤療法をご希望され、当院受診されました。

受診時

受診時

 

水疱切除後

水疱切除後

 

湿潤療法 加療5日目

加療5日目

 

5日間で、随分創部が小さくなりました。

湿潤療法 加療2週間後

加療2週間後

 

2週間ですっかり治りました。

今後は、保湿の為にワセリンを塗って頂くよう、お願いしました。

アイロンでの熱傷、結構多いです。

子供は、お母さんが触っていた物だから気になるんでしょうね。

ちょっとした瞬間に触ってしまって、なんて患者さんが多いです。

お子様も、そして自分を責めてしまうお母様も可哀想です。

くれぐれもお気を付け下さいますよう、宜しくお願い致します。


2013年9月10日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射