新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 季節がら、またエコブームもあり、湯たんぽ等による「低温熱傷」の患者さんが増えて参りました。

低温熱傷の特徴は、写真の様に、最初はあまり痛くなく、創部もそんなに痛々しく御座いません。

初診時

初診時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、受傷後1~2週間くらい致しますと、歩行しにくくなるくらいの痛みと、肉芽が露出する痛々しい創部になってしまいます。

 

受傷2週間後

受傷2週間後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その理由は、皮下の脂肪層が壊死するからです。(詳細は夏井先生のH.P.をご参照下さい。)

いくら湿潤療法を致しましても、致し方の無い事なのです。

もちろん、湿潤療法にて植皮せずに治りますが、熱傷痕が残ります。

十分にお気を付け下さいますよう、お願い致します。

 

 


2013年12月28日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、20代 女性 頚部粉瘤(アテローム) の患者さんです。

他院で手術が必要と言われ、色々と調べられ、大阪の南の方からわざわざ来院して頂きました。

すっきりし、喜んで頂きました。

熱傷、傷に対する湿潤療法目的の患者さんと同じくらい、粉瘤(アテローム)の患者さんが来院されます。

それも、ご遠方から来院して頂くケースが結構御座います。恐縮してしまいます。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 左下内容物、右上被膜

左下内容物、右上被膜

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後2週間

術後2週間

 


2013年12月27日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、3歳の可愛い可愛い女の子です。

沸かしたてのお味噌汁が左側腹部と臀部にかかり、熱傷されました。

地域の基幹病院救急外来を受診。

従来のガーゼ処置だったために、治療方針に疑問を持たれた御両親が色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院を御受診されました。

最初に受診された病院からは、いつものように抗生剤が処方されていました。

(他院から当院へ移って来られる患者さんは、ほぼ100%抗生剤を処方されておられます。)

感染していない状態で抗生剤を内服しますと、正常な皮膚常在菌(我々の皮膚を守って下さっている大事な細菌)が死滅するだけです。

よって、感染していない状態で抗生剤を内服してはいけません。

感染状態とは、局所が赤くなり、痛くなり、熱を持ち、腫れている状態です。

その様な状態になった場合には、抗生剤を内服しなければなりません。

しかし、そうでない場合に抗生剤を内服しましても、正常な菌が死滅するだけで、無意味というより有害です。

 湿潤療法により、2週間ほどで治癒致しました。

その後、1か月後にも診察させて頂いたのですが、奇麗に治っており、御両親からも喜んで頂きました。

 

6月20日(初診)

6月20日(初診)

 

6月22日

6月22日

 

6月27日

6月27日

 

7月6日

7月6日

 

8月3日

8月3日

 


2013年12月26日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、30代 男性です。

体育大会で転倒され受傷されました。

湿潤療法目的にて、当院受診されました。

ハイドロコロイドを貼り、治療いたしました。

もちろん、一切、消毒、ガーゼはしません。(傷が深くなるからです。)

抗生剤も処方致しません。(感染していないからです。)

 4日間程で、ほとんど治りました。

 

初診(右肘)

初診(右肘)

 

湿潤療法 加療4日(右肘)

加療4日(右肘)

 

初診(右前腕)

初診(右前腕)

 

湿潤療法 加療4日(右前腕)

加療4日(右前腕)

 

初診(左膝)

初診(左膝)

 

湿潤療法 加療4日(左膝)

加療4日(左膝)

 


2013年12月23日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise
クリスマスツリー

クリスマスツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年飾っているクリスマスツリーです。

お知り合いの方が作って下さった「エッグアート」です。

その方の御主人(歯科医師)が、職場で歯を削る為に使用している器械を用いて作られたそうです。

卵の殻を器械で少しずつ削って作るそうです。

気が遠くなりそうな作業です。

温かい雰囲気がとても気に入っております。

 つい先日飾った気がするのですが・・・

歳なのでしょうか。最近、1年が非常に早いです。


2013年12月20日  9:27 AM |カテゴリー: 話題

患者さんは、30代男性 です。

半年前に背部の腫瘤に気づかれたそうです。

色々と調べられ、当院受診して頂きました。

初診当日、手術ご希望されましたので、させて頂きました。

(診療が混んでいる場合は、当日手術が出来ない場合も御座います。)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 摘出された粉瘤

摘出された粉瘤

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

 ご遠方という事もあり、その後、来院されませんでした。

 

きっと、何事もなく治ったんだと思いますが、術者といたしましては、その後の経過がすっごく気になるんです。

おそらく、御受診して頂きましても、「問題無いです。」で終わってしまうとは思うのですが。(問題があったら大変ですが。)

出来ましたら、術後翌日、3日後、1週間後 くらいは、御受診して頂けると私が安心出来ますので、宜しくお願い致します。

 


2013年12月19日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、30代 女性 左下腿の熱傷です。

お湯が下腿にかかり、熱傷されました。(20日後には南の島へ旅行のご予定が!)

近くの皮膚科を受診されましたが、従来通りの治療法と、説明に納得がいかず、色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて、大阪の南の方からわざわざ当院を受診して頂きました。

ご旅行は諦めておられたそうです。

10日間程ですっかり治り、大変喜んで頂きました。

南の島にも行く事出来、わざわざお土産を持って11月に来院して下さいました。

その際にも写真を撮らせて頂きました。より一層、奇麗になっておりました。

お土産有難う御座いました。美味しかったです!

10月8日(初診)

10月8日(初診)

 

 

 

 

 

10月8日(初診・水疱膜切除後)

10月8日(初診・水疱膜切除後)

 

 

 

 

 

 

10月11日

10月11日

 

 

 

 

 

10月19日

10月19日

 

 

 

 

 

11月2日

11月2日

 

 

 

 

 

 

 


2013年12月16日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 本年の、手術予約枠は一杯になりましたので、手術ご希望の患者さんは来年の対応となります。

誠に申し訳御座いませんが、御了承頂きますようお願い申し上げます。


2013年12月13日  7:03 PM |カテゴリー: 話題

 本日、この時間でもうすでに、2例の低温熱傷の新患患者さんが来院されました。

低温熱傷は治癒までに時間がかかります。

くれぐれもご注意下さい。


  9:58 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、3歳の可愛い可愛い女の子です。

幼稚園の園庭でお友達のお父さんに高い高いをしてもらった際に、転倒(ご本人もそのお父さんも本当に可哀想です)。

近所の皮膚科を受診。

従来通りの処置(消毒、ガーゼ、抗生物質処方)だった為に、治療法に疑問を持たれ、色々と調べられ、「湿潤療法」希望にて当院受診して頂きました。

この傷に消毒されたら、たまりません!

想像するだけで、ゾッとします。

外来で消毒され、あまりの痛みで泣いているお子さんをそばで見守るお母さんも、たまらなかったと思います。

 顔の挫創は「湿潤療法」で治療致しますと、本当に奇麗に治ります。

患者さんの御両親は、「奇麗に治るのだろうか。」「出来る事なら変わって上げたい。」と心配と不安で一杯の状態で御受診されます。

「湿潤療法」の説明、実際の症例写真をお見せして、今後の経過予想をお話させて頂きますと、不安から一気に解放され、御両親が外来で涙するということが少なく御座いません。(私も、結構つられます。)

 

6月4日(初診)

6月4日(初診)

 

6月6日

6月6日

 

6月10日

6月10日

 

6月14日

6月14日

 

6月24日

6月24日

 

7月9日

7月9日

 

7月23日

7月23日

 

8月20日

8月20日

 


2013年12月12日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射