新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、50代 男性です。

数年前より、額に粉瘤が有り、1年前に他院で切開されました。

しかし、内容物を出したのみの処置で、すぐに大きくなってきたそうです。

被膜まで取らないと、再発する事が多くなります。

当院はパンチ(円形のメス)で切開する事が多いのですが、

① 比較的小さい

② 額のシワに沿って切ると、傷が目立たなくなる

事から、横切開で手術致しました。

もちろんですが、術前、術後共に一度も消毒はしておりません。

感染しておりませんので、抗生剤は処方しておりません。

術後、感染予防目的にて抗生剤を処方している医院は多いです。(私も5年前まではしておりました。)

しかし、感染予防にはなりませんので、当院では術後当然のように抗生剤を処方することはしておりません。

(正常な皮膚を守ってくれている皮膚常在菌が死滅し、逆に感染しやすくなるからです。)

抗生剤を処方する場合は、感染した時のみです。

粉瘤(アテローム)摘出 11月12日(術前)

11月12日(術前)

 

粉瘤(アテローム)摘出 11月12日(術中)

11月12日(術中)

 

粉瘤(アテローム)摘出 11月12日(術直後)

11月12日(術直後)

 

11月14日

11月14日

 

11月18日

11月18日

 

11月25日

11月25日

 


2014年1月30日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

患者さんは、可愛い可愛い1歳の男のです。

お湯が首から胸、足にかかり、熱傷されました。

お住まいの地域の基幹病院である○○総合病院を受診。

その先生からは、「赤くなってるだけだからガーゼ当てときます。創部は濡らさないように。」と言われたそうです。

翌日同病院を再受診。ガーゼを剥がす際に出血。

泣き叫ぶ息子さん。(可哀想・・・)

見ていられなくなり、そこで、その地域で2番目に大きな○○市民病院を受診。

そこでも、従来通りの治療。

もう1件他院受診。そこでも、従来通りの治療。

3件共、医師からの説明に納得出来ず、色々と調べられ、受傷5日後にご遠方からわざわざ当院を受診して頂きました。

湿潤療法の説明、同じような患者さんの写真を用いて今後どうなっていくかの説明をし、安心して頂きました。

1週間ほどでほとんど治りました。

 湿潤療法で加療致しますと、患者さん、そのご家族の方から

「本当に治るのが早いですね。ビックリしました。」と言って頂く事が御座います。

(低温熱傷の場合は数カ月かかります。)

しかし、これが本来の治癒経過なんです。

誰しもが元々持っている治そうとする本来の能力を、湿潤な環境にしてサポートしてあげれば、早く綺麗に治るんです。

今までの治療法は(私も4年前までは従来通りの治療法をしておりました。湿潤療法を学んだのが4年前だからです。それまでの患者さんには申し訳ない気持ちで一杯です。)、わざわざ治らないように治らないように医師がしていたから、治るまで時間が掛っていたのです。

湿潤療法がスタンダードな治療法になれば、この患者さんの様に、わざわざご遠方から当院まで来院して頂く必要が無くなるのですが。

少しでも「湿潤療法」が広まる様に、精進致します。

 

初診時(頚胸部)

初診時(頚胸部)

湿潤療法 初診時(足)

初診時(足)

 

湿潤療法 加療3日後(頚胸部)

加療3日後(頚胸部)

湿潤療法 加療3日後(足)

加療3日後(足)

 

湿潤療法 加療7日後(頚胸部)

加療7日後(頚胸部)

湿潤療法 加療7日後(足)

加療7日後(足)

 

湿潤療法 加療18日後(頚胸部)

加療18日後(頚胸部)

湿潤療法 加療18日後(足)

加療18日後(足)

 

加療2か月後(頚胸部)

加療2か月後(頚胸部)

湿潤療法 加療2か月後(足)

加療2か月後(足)

 


2014年1月27日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、50代 男性です。

数年前から頚部にイボが出来、どんどんと増えていったそうです。

切除目的にて来院されました。

イボは局所麻酔をして、根っこから切り取ります。

術直後は、1mm程の切り傷が多数出来ますが、数日経ちますと目立ちにくくなります。

頚部のイボはどんどん増えていきますので、お早めに切除される事をお勧めいたします。(ちょっと老けて見えますしね。)

 

イボ切除 術前(正面)

術前(正面)

 

イボ切除 術後4日(正面)

術後4日(正面)

 

イボ切除 術前(右側)

術前(右側)

 

イボ切除 術後4日(右側)

術後4日(右側)

 

イボ切除 術前(左側)

術前(左側)

 

イボ切除 術後4日(左側)

術後4日(左側)

 


2014年1月23日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

患者さんは、70代 女性です。

今から約1年半前転倒され、右下腿に怪我をされました。

その後、○○病院形成外科で加療。医師からは治らないからと「植皮」を勧められました。

そこで、家族のかかりつけ医を受診。

消毒、ガーゼ処置で痛みが強く、治療法に不安を感じ、ネットで湿潤療法について知り、

湿潤療法をしているクリニックを受診。

しかし、治療に難渋し、心配になって

東京にあります 光が丘病院傷の治療センター 夏井睦先生(湿潤療法を創った先生です) の外来を受診。

夏井先生から当院を紹介受診され、当院にて加療しておりました。

(夏井先生、有難う御座いました。)

当院初診日は、昨年2月です。

湿潤療法を続けることにより、本日治癒致しました。

根気よく湿潤療法を信じて当院に通院して頂いた患者さんに感謝しております。

2013年2月19日(初診日)

2013年2月19日(初診日)

2013年3月19日

2013年3月19日

 

2013年4月16日

2013年4月16日

2013年5月14日

2013年5月14日

 

2013年6月18日

2013年6月18日

2013年7月16日

2013年7月16日

 

 

2013年8月19日

2013年8月19日

2013年9月17日

2013年9月17日

 

2013年10月15日

2013年10月15日

2013年11月12日

2013年11月12日

 

2013年12月10日

2013年12月10日

2014年1月9日

2014年1月9日

 

2013年1月20日

2013年1月20日

 


2014年1月20日  8:07 PM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

患者さんは、20代 女性です。

3年前から、前頭部に粉瘤(アテローム)があり、手術希望にて当院受診されました。

ご本人の一番の希望は「毛を剃らないで欲しい!」

でしたので、御希望通り、剃毛せずに手術させて頂きました。

 

術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤の被膜を摘出)

術中(粉瘤の被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

摘出された粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 


  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

患者さんは、4歳の可愛い可愛い女の子です。

いれたてのコーヒーが胸部にかかってしまい、熱傷されました。

近医皮膚科受診。消毒、ガーゼ、抗生剤と従来通りの治療法と説明に疑問を持たれ、御両親が色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院受診されました。

その医師からは、「10日間外遊び禁止!」と言われたそうです。

当院では、もちろん消毒しません、ガーゼあてません、感染していないので抗生剤は処方致しません。

ハイドロコロイドの被覆で治療致しました。

外遊びは、もちろんOKです。外遊びを禁止する理由が分かりません。

当院の熱傷患者さんで、フルマラソンを走った患者さんもおられます。

もちろん、問題無く治っております。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療2日後

加療2日後

 

湿潤療法 加療9日後

加療9日後

 


2014年1月16日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、20代 女性です。

南の島へ旅行中、岩場でスネをぶつけて受傷されました。

受傷2日後に帰国され、「湿潤療法」目的にて当院受診されました。

最終日の創部には、黒いぽつぽつとした点が多数認められます。

この点は、毛孔、汗管から皮膚が再生してきた結果です。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療2日後

加療2日後

 

湿潤療法 加療6日後

加療6日後

湿潤療法 加療11日後

加療11日後

 

湿潤療法 加療20日後

加療20日後

 


2014年1月13日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、20代 男性です。

お仕事中に、250度に熱せられた塗料が右前腕にかかり、熱傷されました。

地域の基幹病院を受診。

湿潤療法」をしているとH.P.には書いてあったのに、しておらず、従来通りの処置。

挙句の果てには、「植皮が必要です。」と言われたとの事です。

そこで、色々と調べられ、ご遠方からご来院して頂きました。

大阪には、残念ながら「湿潤療法をしています。」と謳っておきながらしていない医療機関が結構御座います。

今まで、当院に同じ理由で来院された患者さんが、数名いらっしゃいます。

していないのであれば、しているなんて宣伝しないで頂きたいです。

患者さんの時間と労力がもったいないです。

患者さんもお仕事しながら通院されます。

なんとか忙しい中、時間を作って来院されるのに、宣伝と180度違う治療法をされたのでは、たまりません!

 もちろん、湿潤療法で、植皮することなく治癒いたしました。(プラスモイストを使用致しました。)

治癒するまでの間、もちろん、消毒、ガーゼ、抗生物質の処方は一切しておりません。

 

初診時(正面)

初診時(正面)

初診時(側面)

初診時(側面)

 

湿潤療法 加療4日後(正面)

加療4日後(正面)

湿潤療法 加療4日後(側面)

加療4日後(側面)

 

湿潤療法 加療10日後(正面)

加療10日後(正面)

湿潤療法 加療10日後(側面)

加療10日後(側面)

 

湿潤療法 加療17日後(正面)

加療17日後(正面)

湿潤療法 加療17日後(側面)

加療17日後(側面)

 

湿潤療法 加療25日後(正面)

加療25日後(正面)

湿潤療法 加療25日後(側面)

加療25日後(側面)

 

湿潤療法 加療35日後(正面)

加療35日後(正面)

 

湿潤療法 加療35日後(側面)

加療35日後(側面)


2014年1月9日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは20代 女性です。

鉄のドアに左足の親指(第一趾)をぶつけてしまい、爪がグラグラに。

地元では結構有名な外科を受診。

「取れかけてるから取っとくわ。」と軽いノリで麻酔せずに(!)本人の許可なく、グラグラになっている爪を引き剥がされたそうです。

当然、物凄く痛かったそうです。

その上に、消毒!

そしてガーゼ!

次から次へとやってくる激痛の嵐!

(そのお話を聞いただけで、冷や汗が出ました。これって傷害罪???と思ってしまいました。)

これはおかしいと思われ、ネットで色々と調べられ、当院受診して頂きました。

プラスモイストで被い、加療致しました。

もちろん、1回も消毒は致しません。患者さんは、毎日お風呂、シャワーOKです。

激痛から解放され、喜んで頂きました。

 

初診

初診

 

湿潤療法 加療2日後

加療2日後

 

湿潤療法 加療12日後

加療12日後

 


2014年1月6日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 新年明けましておめでとう御座います。

本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

 1月4日(土曜日)より通常診療となります。

お休みの間は、大変ご迷惑おかけ致しますが、御了承の程宜しくお願い申し上げます。


2014年1月1日  6:00 AM |カテゴリー: 話題

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射