新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。

炊飯器の蒸気を右手で触ってしまい、熱傷されました。

(子供の手のひらの熱傷で、一番多いパターンです。)

近医皮膚科を受診されましたが、あまあり説明も無く従来通りのガーゼ処置だったために「これはおかしい!」と思われ、色々と調べられご遠方より当院ご受診されました。

熱傷後2日目に当院初診されました。

1歳半以下の手掌熱傷は、かなりの確率で植皮が必要になります。

いくら湿潤療法で最初から加療しておりましても、残念ながら植皮が必要になる場合が御座います。

但し、湿潤療法で治療した後の植皮であれば、非常に小さい範囲の植皮で済むことが多いです。

1歳半以下の手掌熱傷は植皮が必要になる確率が高い理由は、1歳半以下のお子さんの手のひらは、屈筋腱の力が非常に優位だからです。

子供の手のひらは、お猿さんも同様、お母さんをつかむために握る力の方が指を伸ばす力より非常に強くなっております。

手の力を抜くと、自然とグーになりますよね。

子供は特にこの力が強いんです。

よって、グーの状態で皮膚が出来てしまいますと、拘縮が起こります。

拘縮してしまった皮膚は、この場合、植皮以外皮膚を伸ばすことが出来ません。

皮膚が伸びませんと、成長するはずの骨が成長しずらくなり、左右の手の骨の長さが変わってくる場合が御座います。

よって、致し方なく、植皮が必要になる場合が御座います。

この症例では、極力、指が拘縮しないような工夫をして、ハイドロコロイドで治療致しました。

幸いにも、拘縮することなく治癒致しました。

湿潤療法に切り替えるまでにあと2日遅かったら、拘縮していたのかもしれません。

ご両親が前医の説明に対し「これはおかしい!」と気付いて下さったおかげです。

本当に良かったです。

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 


2015年11月30日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、60代 女性 です。

転倒され顎を強打し受傷されました。

当院のお近くで転倒されたのですが、たまたま傍をを通りかかった当院の患者さんが連れて来て下さいました。

裂けた皮膚同士がテープで十分によりそうでしたので、縫合せずにテープ固定で治療致しました。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

テープ固定 加療後2日

加療後2日

 

テープ固定 加療後3日

加療後3日

 

テープ固定 加療後9日

加療後9日

 

テープ固定 加療後13日

加療後13日

 

テープ固定 加療後27日

加療後27日

 


2015年11月26日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、30代 女性 です。

数年前より、背部に粉瘤が有ったそうです。

2週間前より痛み出したために、お近くの皮膚科をご受診されました。

するとそこの医師から

「腫れている時に手術なんて出来ない。半年間は出来ません!」

と何故か強く怒られたそうです。

(当院で術前説明をしている際に、怒られた時の事を思い出し、泣いておられました。)

そこで、色々と調べられ、ご遠方より当院をご受診されました。

以下私からの説明です。

① 腫れていても手術は全く問題無く、くりぬき法で今すぐ出来ます。

② 術後感染しなければ、抗生物質を内服する必要は御座いません。

(この2年間、私は抗生物質を術後の患者さんに処方した事が御座いません。術後感染された患者さんがおられないからです。)

③ 手術当日は、創部に防水テープを貼るので、今日からお風呂、シャワー OK です。

④ 明日からは、創部に直接シャワーをかけて洗って頂きます。(これが一番の感染予防です。)

⑤ 術後創部は「湿潤療法」で治療致しますので、一度も消毒は行いません。

幸い(?)外来が空いておりましたので、当日手術させて頂きました。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後21日

術後21日

 

(通院回数 4回)


2015年11月23日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、20代 男性 です。

友人とキャンプをしている時に、夜食でカップラーメンを作ろうと熱湯を沸かし、その沸かした熱湯を運んでいる最中に転倒し、熱傷されました。

翌日、近医の皮膚科を受診されました。

消毒、ガーゼ処置だったそうです。そして、抗生物質が処方されておられました。

友人から「湿潤療法の方が良いよ。」とアドバイスを受けられ、色々と調べ、ご遠方より当院をご受診されました。

湿潤療法の説明をさせて頂きました。

水疱膜は感染源になりますので、除去いたしました。

その後、熱傷部をハイドロコロイドで覆いました。

感染状態にはなっておりませんでしたので、抗生物質の内服は中止致しました。

(抗生物質を内服する事が、感染予防にはなりません。)

毎日、シャワー 入浴 OK です。

1週間ほどで治り、喜んで頂きました。

 

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後8日

加療後8日

 

(通院回数2回)


2015年11月19日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、可愛い可愛い1歳の女の子です。

コンクリートの道で転倒し受傷されました。

翌日、当院受診されました。

湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで治療いたしました。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 


2015年11月16日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、40代 女性 です。

20年前より腰部に粉瘤(アテローム)があったんだそうです。

手術希望にて当院ご受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後は湿潤療法で治療致しましたので、一度も消毒はしておりません。

翌日からは、創部に直接シャワーをかけて洗って頂きました。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

摘出された粉瘤内容物と被膜

摘出された粉瘤内容物と被膜

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後25日

術後25日

 


2015年11月12日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。

土鍋のふちに左頬を当ててしまい熱傷されました。

お近くの皮膚科を受診。

湿潤療法を希望されましたが、そこの医師からは

「湿潤療法だとばい菌が入るから駄目だ。」

と言われたんだそうです。

そこで、色々と調べられ、当院ご受診されました。

「湿潤療法だとばい菌が入る。」と言うのは、少しだけ正しいです。

正確に申しますと

「湿潤療法だろうが、従来通りの消毒ガーゼ処置だろうが、どちらでもばい菌は創部にいます。」

です。湿潤療法だから「ばい菌」が入るという訳では御座いません。

ばい菌を創部から無くすことは、ガスバーナーで創部を焼けば出来ますが、それ以外ではまず出来ません。

ここで重要なことは、「ばい菌」は悪者ばかりでは無いという事です。

体にとって居てもらった方がよい「ばい菌」も多数おります。

また、「ばい菌」がいれば「感染」という訳では御座いません。

「感染状態」とは、悪いばい菌が局所的に異常増殖した状態です。

具体的症状と致しましては、

 ① 発熱

 ② 腫脹

 ③ 疼痛

 ④ 発赤

です。

以上4徴候がそろった場合を医学的には「感染状態」と言います。

よって、「ばい菌」がいたからといって、上記症状がなければ「感染状態」では無いのです。

人間は約60兆個の細胞から出来ております。

そして、人間を取り巻く細菌は、約100兆個居ると言われております。

「ばい菌」がいたら感染というのであれば、人間全員「感染状態」という事になってしまいます。

また、「湿潤療法」をしたから「ばい菌」が増えやすいという事は御座いません。

「湿潤療法」では、毎日創部をシャワーをかけて洗い流して頂きます。もちろん、入浴もOKです。

毎日洗い流して頂く事で、やっかいな「ばい菌」達はほとんど洗い流されます。

(石鹸は使用してはいけません。界面活性剤を創部に使用致しますと、創部が深くなりますし、なによりむちゃくちゃ痛みを伴うからです。)

ちなみに、当院には湿潤療法目的の患者さんが多数ご来院されますが、ここ数年感染された患者さんはおられません。

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 


2015年11月9日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い男の子です。

ソファから転落し受傷されました。

近医を受診され医師からは

「すぐに縫合した方が良い。しかし、今外来が忙しくて縫合する事が出来ない。

医療情報センターに問い合わせて、今すぐ縫合してくれる医療機関を探して受診して下さい。」

と言われたんだそうです。

そこで、色々と調べられ、当院ご受診されました。

親御さんと相談の上、縫合せずにテープ固定で治療致しました。

縫合する方が、強固な力で創部を寄せる事が出来ます。

また、テープ固定の場合は、毎日貼りかえしなければなりませんが、一旦縫合してしまいますと、抜糸まで何もする事は御座いません。ですから楽です。

しかし、縫合する為には麻酔をしなければなりません。

2歳のお子様に麻酔となりますと、バスタオルで体をぐるぐる巻きににて、身動きできないようにしてから、局所に麻酔の注射をする事となります。

その際にお子さんが感じる恐怖感は、想像を絶するものが有ると思います。

実際、他院で縫合されてからこのままの治療で良いか見て欲しいと来院される患者さんのほとんどは、また痛い事をされるのではという恐怖心から、外来に入るなり大泣きされます。

テープ固定、縫合、どちらもメリット、デメリットが御座います。

私は、親御さんからの強い希望が有った場合、または、あまりにも傷が大きく開いている場合を除いては、テープ固定で治療する事が多いです。

(ちなみに今まで、親御さんから縫合する事を強く希望された事は御座いません。)

 

初診時

初診時

 

テープ固定 加療後2日

加療後2日

 

テープ固定 加療後6日

加療後6日

 

テープ固定 加療後21日

加療後21日

 


2015年11月5日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、40代 男性です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)があったそうです。

3週間ほど前より炎症が強くなってきたために、近医皮膚科を受診されました。

「今は炎症が強いので手術は出来ない。

抗生物質を内服してもらって、とりあえず炎症が引くのを待ちましょう。」

と言われたんだそうです。

しかし、抗生物質を内服しても良くなるどころか、日に日に痛みが強くなって来た為に、色々と調べられ他県より当院ご受診されました。(本当にご苦労様でした。)

 ・粉瘤には抗生物質はほとんど効果が無い事

 ・炎症が強くとも手術は可能な事

 ・術後は湿潤療法で治療するので、一切消毒はしないこと。

 ・毎日、シャワー、入浴 OK 。

 ・創部は2週間ほどで治る事。

以上の説明をさせて頂き、ご本人ご納得の上、手術の予定を組ませて頂きました。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後26日

術後26日

 

 本日は、学会出席のために休診とさせて頂いております。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程宜しくお願い致します。


2015年11月2日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射