新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、77歳 女性 です。

夜中に熱湯がかかってしまい、右下肢を熱傷されました。

自宅近くの○○病院救急外来を受診。消毒、ガーゼ処置を受けられたそうです。

その後も毎日、消毒するために通院するように言われたそうです。

あまり丁寧に説明をしてもらえなかったそうで、以前、当院にリハビリ目的にて通院された事が有ったために、当院をご受診されました。

水疱膜は感染源になりますので切除致しました。

その後は、プラスモイストで治療致しました。

もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

綺麗に治り、喜んで頂きました。

「最初っから先生のとこに来とけばよかったわー」

と言って頂きました。

初診時1

初診時1

 

初診時(水疱膜を切除)1

初診時(水疱膜を切除)1

 

初診時2

初診時2

 

初診時(水疱膜を切除)2

初診時(水疱膜を切除)2

 

湿潤療法 加療後2日1

加療後2日1

 

湿潤療法 加療後2日2

加療後2日2

 

湿潤療法 加療後6日1

加療後6日1

 

湿潤療法 加療後6日2

加療後6日2

 

湿潤療法 加療後10日1

加療後10日1

 

湿潤療法 加療後10日2

加療後10日2

 

湿潤療法  加療後14日1

加療後14日1

 

湿潤療法 加療後14日2

加療後14日2

 

湿潤療法 加療後21日1

加療後21日1

 

湿潤療法 加療後21日2

加療後21日2

 

湿潤療法 加療後25日1

加療後25日1

 

湿潤療法 加療後25日2

加療後25日2

 

湿潤療法 加療後30日1

加療後30日1

 

湿潤療法 加療後30日2

加療後30日2

 

湿潤療法 加療後34日1

加療後34日1

 

湿潤療法 加療後34日2

加療後34日2

 

湿潤療法 加療後3か月1

加療後3か月1

 

湿潤療法 加療後3か月2

加療後3か月2

 

湿潤療法 加療後5か月1

加療後5か月1

 

湿潤療法 加療後5か月2

加療後5か月2

 


2016年1月28日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。

公園で遊んでいる最中に、椅子から落ちてコンクリートの地面に顔をぶつけて受傷されました。(この程度で済んで良かったです。)

他院で従来通りの治療を受けられておられましたが、消毒の度に泣き叫ぶ娘さんを見ていられなくなり、色々と調べられ当院ご受診されました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

感染状態では御座いませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

2年後、別件でご受診されましたので、写真を撮らせて頂きました。

この2年間、特に遮光することもなく、お外で元気一杯遊ばれていたそうです。

湿潤療法で治療した創部に関しましては、あまり日焼けは、創部の色素沈着には影響ないのかもしれません。

湿潤療法で最初から治療された方は、数年後あまり遮光をしていなくても綺麗な肌のままであることが多いです。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

湿潤療法 加療後2年

加療後2年

 

 

 

 

 

 


2016年1月25日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、50代 男性 です。

約30年前より、背部に粉瘤が有ったそうです。

1週間前より腫れだして痛みが強くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、ご遠方より当院をご受診されました。

他院で「炎症が強い時は手術出来ません。」と断られて、当院を受診される患者さんは非常に多いです。

炎症が強くとも、全く問題無く手術は出来ます。

炎症が強くとも、くりぬき法で手術は出来ます。

むしろ、被膜が浮いておりますので手術しやすいくらいです。

あと、「夏場手術すると感染しやすいので、冬になるまで待ちましょう。」と他院で言われて困り果て、当院を受診される患者さんも多いです。

夏場でも全く問題無く、当院では手術しております。

夏場に手術をして感染された患者さんは、お一人もおられません。

(もちろん今後、感染する患者さんが絶対おられないという事では御座いません。)

当院では、術後は湿潤療法で治療致しますので、毎日シャワー 入浴 OK です。

毎日、洗い流しておいて頂きますと、まず感染する事は御座いません。

 くりぬき法で手術致しました。

手術翌日からは、創部に直接シャワーをかけて洗って頂きました。

入浴もOKです。

術後感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後25日

術後25日

 


2016年1月21日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

(頚部)

初診時(頚部-1)

初診時(頚部-1)

 

初診時(頚部-2)

初診時(頚部-2)

 

湿潤療法 加療後3日(頚部-1)

加療後3日(頚部-1)

 

湿潤療法 加療後3日(頚部-2)

加療後3日(頚部-2)

 

湿潤療法 加療後7日(頚部-1)

加療後7日(頚部-1)

 

湿潤療法 加療後7日(頚部-2)

加療後7日(頚部-2)

 

湿潤療法 加療後20日(頚部-1)

加療後20日(頚部-1)

 

湿潤療法 加療後20日(頚部-2)

加療後20日(頚部-2)

 


2016年1月18日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、6歳の苺が大好きな可愛い可愛い女の子です。

テーブルの上に置いてあった熱いお茶の入ったコップを倒してしまい、熱傷されました。

すぐに、地域の基幹病院である○○病院救急外来を受診されました。

消毒、ガーゼ処置をうけられ、ガーゼは2日間剥がさずにそのままにしておくように言われたんだそうです。

そして、濡らさないように言われたそうです。

その説明に納得がいかなかったご両親が色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院ご受診されました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、毎日入浴 シャワー OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

(胸部)

初診時(胸部)

初診時(胸部)

 

湿潤療法 加療後3日(胸部)

加療後3日(胸部)

 

湿潤療法 加療後7日(胸部)

加療後7日(胸部)

 

湿潤療法 加療後20日(胸部)

加療後20日(胸部)

 

 頚部の経過写真は、次回掲載せさせて頂きます。

 


2016年1月14日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、4歳の可愛い可愛い男の子です。

保育園でお友達に頬を引っ掻かれ受傷されました。

当院から近くの保育園で、そこでは「湿潤療法」を取り入れて頂いております。

よって、保育園では消毒はせずに、ワセリンを塗りラップをつけた状態で当院受診されました。

(素晴らしい!)

ハイドロコロイドで治療致しました。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

(傷に消毒は絶対にしてはいけません。)

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 


2016年1月11日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、20代 男性 です。

右頬粉瘤の手術目的にて、かなりのご遠方より当院ご受診されました。

一度、地元の形成外科で他部位粉瘤に対して手術を受けられたことが有るのですが、傷跡が大きく残ってしまったそうです。そこで、色々とネットで検索され、当院をご受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後は、翌日から創部に直接シャワーをかけて洗って頂きました。

(その際に、石鹸は使用してはいけません。傷が深くなりますし、痛みを伴うからです。)

湿潤療法で治療致しました。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

ご遠方からの患者さんは、手術当日ホテルに宿泊され、翌日当院受診、その後は自分で処置しておきます、とういパターンが多いです。なにしろ、当院受診する度にホテルに泊まらなければなりません。お金と時間がかかりすぎます。ですから、仕方のない事だと思います。

そこで、ご遠方からの患者さんには術前に御理解しておいて頂きたい事が御座います。

① 術後定期的に通院出来ずに、感染等のトラブルが御座いましても、一切責任を負う事が出来ません。

② お電話では病状症状が分かりかねますので、お電話での診察はしておりません。

以上の事をご理解して頂いた患者さんのみ、ご遠方からの患者さんの手術をお受けしております。

この患者さんは、手術当日大阪のホテルはどこも満室だったために、大阪のホテルには宿泊出来ず、滋賀県のホテルに宿泊されました。よって、術後滋賀県まで移動、翌日朝、再度当院受診のため大阪へ移動、受診後地元に移動とかなりハードスケジュールでした。

術後3か月目に他部位粉瘤の手術目的にて再度ご受診されましたので、術後創部の写真を撮らせて頂きました

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後3か月

術後3か月

 


2016年1月7日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、20代 女性 です。

沸騰したお湯をかぶって熱傷されました。

当日、お住まいの都市の基幹病院である○○病院救急外来を受診。消毒、アズノール、ガーゼ処置だったそうです。

翌日、別の基幹病院である○○病院皮膚科を受診。同じく、消毒、アズノール、ガーゼ処置だったそうです。

その際、医師からは「跡は残ります。」と言われたそうです。

そこでいろいろと調べられ、地元で有名な○○皮膚科を受診。

しかし、消毒、ガーゼ処置だったそうです。

その際、医師からは「跡は残るもんは残る!」と強く言われたそうです。

そこで再度、色々と調べられ、「湿潤療法」というものが有る事が分かり、当院をご受診されました。

熱傷後6日目でした。

湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。

以下、私からの説明です。

① 水疱膜は感染源になりますので、切除致します。

② 創部は、毎日シャワー、入浴 OK です。

③ 治療は、お風呂上りに創部にハイドロコロイドを貼るだけです。後は歌って、踊って頂いても構いません。(安静にする必要は全く御座いません。)

④ おそらく、2週間ほどで治ります。

⑤ 半年も致しますと、おそらくほとんど分からないくらいの跡になっています。

以上、説明いたしますと、かなり安心されたご様子で泣いておられました。

創部を綺麗に治すためには、一日でも早く湿潤療法で治療するに限ります。

消毒された期間が長い患者さんほど、途中で湿潤療法に切り替えましも、残念ながら跡がケロイドになる事が御座います。

この患者さんにとってラッキーだったことは、水疱膜を切除されなかった事です。水疱膜の上から消毒、アズノールだったために、創部にはほとんど消毒、アズノールが塗られていませんでした。よって、薬剤による障害が軽度で済みました。(ちょっと皮肉な話ですが。)

水疱膜は感染源になりますので、湿潤療法をしている医療機関ではすぐに切除致します。しかし、創部を消毒されるくらいでしたら、水疱膜が残っていた方が、創部に直接消毒剤が塗られませんので、まだましとなります。

 

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

 

湿潤療法 加療後5日

加療後5日

 

湿潤療法 加療後12日

加療後12日

 

 明日から通常診療となります。

休暇中はご迷惑をおかけいたしました。


2016年1月4日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 新年明けましておめでとうございます。

本年も、宜しくお願い申し上げます。

5日(火)より通常診療となります。

ご迷惑をおかけ致しておりますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

             こおりた ひろ整形形成外科クリニック

                      郡田大宇


2016年1月1日  6:00 AM |カテゴリー: 日常

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射