新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、5歳の可愛い可愛い女の子です。

母親の自転車の後ろに乗っていた際に、足がスポークに巻き込まれ受傷されました。

すぐに地元で湿潤療法をしている病院を探され、○○中央病院を受診されました。

しかし、消毒、ガーゼ処置の上に、肉の盛りが悪いからと「イソジンシュガー」を塗られてしまったそうです。

医師からは、「これも湿潤療法の一環です。」と言われたそうです。

これはおかしいと思われた母親が再度、湿潤療法をしている医療機関を調べられ、地元の○○クリニックを受診されました。

すると医師からは、

「創部の回りの肉が硬い。この硬い肉は切除しないと傷が治らないので、麻酔をして硬い部分を切除し、最初から治療をやりなおさないといけない。しかし、うちでは出来ないので、○○総合病院を紹介します。」

と言われ、紹介状を渡されたそうです。

しかし、納得がいかなかった母親は、夏井先生のH.P.から当院に辿り着き、当院を受診されました。藁をもつかむ思いだったそうです。(受傷22日後)

今までの医師からうけた処置が、傷を治さないように治さないようにする処置だったために、硬くなってきただけであり、切除はしなくても必ず治る事を説明致しますと、かなりほっとされておられました。

 ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

 

 

 

 

 

 


2017年5月25日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射