新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。

お鍋の熱湯が右半身にかかり、熱傷されました。

近医である○○形成外科を受診。

「範囲が広く、ひどい熱傷なので治療出来ません。」と言われたそうです。

地域の基幹病院である、○○総合病院形成外科を紹介されました。

○○総合病院形成外科を受診されると、すぐに入院となったそうです。

毎日、石鹸でごしごしと洗われ、消毒、ガーゼ処置の毎日だったそうです。

その処置の度に、泣き叫ぶわが子を見ていられなかったそうです。

入院中、患児は病室から出る事を禁止され、病室に入室できる者は、母親と祖母のみで、毎日泊まり込みだったそうです。

また医師からは、今後植皮手術が必要になる可能性が高いという事以外の、治療方針、今後の説明等がほとんど無かったそうです。

色々と納得がいかず、またかなりのストレスだったそうです。

そこで、色々と調べられ、当院の受診を強く希望されました。

医師からは、「こんな熱傷、通院では治療できませんよ。」と。

看護師からは、「本当に転院して大丈夫なんですか?」と言われたそうです。

それでも、強い意志を持って退院され、熱傷3日後に当院を受診されました。

以下、私からの説明です。

① 石鹸洗浄、消毒、ガーゼ処置はしてはいけません。

② 安静、隔離する必要は御座いません。

  毎日、保育園に行ってお友達と遊んで頂いてもちろん OK です。

③ 植皮手術をすることなく、治ります。

④ 一部、ケロイドになるかもしれませんが、そ

  れに対しての治療法は御座います。

と説明させて頂きました。

お母さん、おばあちゃん共に、かなり安心されたご様子でした。

退院してから、家に帰ると、毎日元気に大はしゃぎだったそうです。

お母さん、おばあちゃんも、家ではぐっすり眠れましたと、言われておられました。

あのまま入院していて、植皮手術をしていたかと思いますと、ぞっと致します。

現在、上腕ケロイド部にはドレニゾンテープを貼って治療しております。

 

(上肢)

初診時(前医からのガーゼ)

初診時(前医からのガーゼ)

 

初診時(上肢)

初診時(上肢)

 

湿潤療法 加療後3日(上肢1)

加療後3日(上肢1)

 

湿潤療法 加療後3日(上肢2)

加療後3日(上肢2)

 

湿潤療法 加療後5日(上肢1)

加療後5日(上肢1)

 

湿潤療法 加療後5日(上肢2)

加療後5日(上肢2)

 

湿潤療法 加療後10日(上肢1)

加療後10日(上肢1)

 

湿潤療法 加療後10日(上肢2)

加療後10日(上肢2)

 

湿潤療法 加療後15日(上肢1)

加療後15日(上肢1)

 

湿潤療法 加療後15日(上肢2)

加療後15日(上肢2)

 

湿潤療法 加療後21日(上肢1)

加療後21日(上肢1)

 

湿潤療法 加療後21日(上肢2)

加療後21日(上肢2)

 

湿潤療法 加療後1年(上肢1)

加療後1年(上肢1)

 

湿潤療法 加療後1年(上肢2)

加療後1年(上肢2)

 

他部位(頚胸部、下肢)は、次回ブログで掲載させて頂きます。

 


2017年10月30日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、70代です。

ベッドから落ちてしまい、受傷されました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後6日

加療後6日

 


2017年10月26日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、20代です。

 数か月前より、左頬に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

○○皮膚科を受診。手術希望で受診されましたが、手術はしてもらえず、軟膏を処方され様子を診るように言われたそうです。

そこで、色々と調べられ当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後10日

術後10日

 


2017年10月23日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、50代です。

ソファでうたた寝をしていたら、ストーブの火にクッションが当たり、ボヤに。

その火を消そうと、ラグマットを使用した際に、右第五趾にラグマットが当たり熱傷されました。

 地域の基幹病院である、○○病院を受診されました。

消毒、ガーゼ処置だったそうです。

一向に良くならない為に、色々と調べられ、ご自分の判断で、プラスモイストに変更されました。

この治療法で良いのか不安になり、熱傷42日後に当院を受診されました。

最初は、プラスモイストで、加療後14日目よりハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

 

湿潤療法 加療後28日

加療後28日

 


2017年10月19日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、40代です。
階段で転倒され、受傷されました。
当院H.P.をよく見ている職場の方からの勧めで、当院を受診されました。
創部が深く、テープでは寄りきれなかったために、局所麻酔下にて縫合致しました。

その日から、シャワー 入浴 OK です。

一度も、消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 5日後に抜糸し、その後はテープ固定と致しました。

 

初診時

初診時

 

初診時(縫合後)

初診時(縫合後)

 

加療後5日(抜糸)

加療後5日(抜糸)

 

加療後8日

加療後8日

 


2017年10月16日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare

 炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、40代です。

10年以上前より、頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

2週間前より腫れて痛くなってきたために、お近くの皮膚科を受診されました。

すると、医師から

「炎症が強いから、手術は出来ません。

とりあえず、抗生物質で炎症を抑えましょう。」と

言われ、抗生物質が処方されたそうです。

しかし、抗生物質を内服しましても全く痛み、腫れが軽減しなかったそうです。

そこで色々と調べられ、他府県より当院を受診されました。

炎症の強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質はほとんど効果は御座いません。

当院では、炎症の強い粉瘤の患者さんが受診されましても、抗生物質を処方致しません。

粉瘤(アテローム)の治療法は、

「手術をして袋ごと粉瘤を取り出す。」

しか方法は御座いません。

た、炎症が強くても、全く問題無く手術は可能です。

(もちろん、炎症していない粉瘤も手術は可能です。)

痛みが凄く強く、幸い(?)外来が空いておりましたので、当日手術致しました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法で治療致します。

術後一度も、消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後10日

術後10日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後21日

術後21日

 


2017年10月12日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

患者さんは、可愛い可愛い3歳の女の子です。

アイロンが足背に当たり、熱傷されました。

地元の救急病院を受診。

ガーゼ処置だったために、湿潤療法目的にて、翌日当院を受診されました。

水疱膜は、感染源になりますので切除致しました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

 


2017年10月5日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い男の子です。

ボーリングをしていた際に、ボールに顎をぶつけてしまったそうです。

テープ固定で治療致しました。

一度も、消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

 

テープ固定 加療後4日

加療後4日

 

テープ固定 加療後18日

加療後18日

 


2017年10月2日  6:00 AM |カテゴリー: 傷、怪我 Bruise,テープ固定

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射