新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、40代です。

1年半前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

だんだんと大きくなってきて、数日前より痛みが伴うようになってきたために、色々と調べられ当院を受診されました。

痛みが強くて、夜も眠れなくなってきているので、なるべく早く手術をして欲しいとの希望でした。

当日、幸い(?)外来が空いておりましたので、当日手術させて頂きました。

くり抜き法で手術致しました。

術後、感染状態にはなっておりませんので、抗生物質は処方しておりません。

術後、創部は湿潤療法で治療致します。

術後、創部を一度も消毒しておりません。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

(手術翌日からは、創部に直接シャワーのお湯を当てて洗って頂きます。石鹸は使用してはいけません。創部に界面活性剤を使用致しますと、創部が深くなります。なにより、めちゃくちゃ痛いです。)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中 くりぬき法

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後15日

術後15日

粉瘤(アテローム)摘出 術後25日

術後25日

粉瘤(アテローム)摘出 術後35日

術後35日

 

 本年最後のブログとなります。

本年も、お付き合いして頂き、誠に有難う御座いました。

来年も、宜しくお願い致します。

皆様におかれましては、良いお年をお迎えくださいます様、

お祈り申し上げます。

 

郡田大宇

 


2017年12月25日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。

炊飯器の蒸気に手が触れてしまい、熱傷されました。

近医の○○皮膚科を受診したところ、あまり詳しい説明が無く、消毒、ガーゼ処置だったために納得がいかず、色々と調べられ、熱傷3日後に当院を受診されました。

2歳以下のお子さんの手掌側の熱傷は、高率で拘縮が起こります。

指を握る力の方が、指を伸ばす力より強いからです。

今回の症例では、拘縮が起こる事が無く、非常に良かったです。

このお子さんの場合は、前医で水疱膜を剥がされていなかったことがラッキーでした。

通常でしたら、水疱膜は感染源になりますので、切除致します。

しかし、水疱膜を切除されなかった事により、消毒薬が直接創部に触れる事が無く、消毒による障害が少なくて済みました。

また、比較的早くに湿潤療法をする事が出来たのも、拘縮を防げた要因だと思います。

水疱膜は切除致しました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

湿潤療法 加療後6日

加療後6日

湿潤療法 加療後12日

加療後12日

 


2017年12月21日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、60代です。

飼い猫に母指を咬まれて、受傷されました。

その日のうちに、だんだんと痛くなってきたために、当院を受診されました。

咬まれた傷は、傷が深い為に、表面を消毒しても意味が御座いません。

創部深部に溜まった汚い液を排出しないと治りません。

そこで、ナイロン糸を挿入し、毛細管現象を利用し、排液して治します。

局所麻酔をして、傷の深さを探り、糸を出来るだけ深くまで挿入します。

創部から出た糸は、ハイドロコロイドでサンドイッチにして指先に固定し、プラスモイストで創部を覆います。

(湿潤療法を作られた夏井先生に教えて頂いた治療法です。)

通常、1日から2日後に糸を抜去致します。

この患者さんは、処置1日後に痛みが軽減し、腫れも引いていた為に、ナイロン糸を抜去致しました。

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸挿入)

初診時(ナイロン糸挿入)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後5日

加療後5日

 


2017年12月18日  6:00 AM |カテゴリー: 動物咬傷,ナイロン糸ドレナージ

 患者さんは、30代(授乳中)です。

数年前より、後頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

大きくなってきたために、地域の基幹病院である○○市立病院形成外科を受診。

そこの医師から

「かなり大きく切る事になります。また、術後抗生物質を内服してもらう事になります。よって、授乳中なのであれば止めておいた方が良いでしょう。」

と言われたそうです。

そこで色々と調べられ、当院を受診されました。

 くり抜き法で手術が可能であり、さほど大きな傷は残らない事。

 術後感染が起こらなければ、抗生物質は内服する必要が無い事。

 ここ数年、術後感染した患者さんはおられない事。

 (よって、抗生物質はここ数年、術後の患者さんに処方しておりません。)

等、説明させて頂きますと、ご安心されたご様子でした。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

粉瘤(アテローム)摘出 術後13日

術後13日

 


2017年12月14日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

背部の熱傷です。(湿潤療法)

 

 患者さんは、8歳の可愛い可愛い女の子です。

熱湯の入った瓶を倒してしまい、熱傷されました。

地元の基幹病院である○○総合病院救急外来を受診されました。

ガーゼ処置だったそうです。

ママ友に相談してみたところ、そのママ友が当院で治療歴のある方で、当院を勧められ、当院を受診されました。

残っていた水疱膜は、感染源になりますので切除致しました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 


2017年12月11日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 4歳 顔面の挫創です。(湿潤療法)

 患者さんは、可愛い可愛い4歳の女の子です。

転倒し、アスファルトに顔が当たり、受傷されました。

地元の基幹病院である○○市民病院を受診。

処置は、絆創膏を貼られただけだったそうです。

そこで、心配になり色々と調べられ、当院を受診されました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

一度も、消毒はしておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 


2017年12月7日  6:00 AM |カテゴリー: 湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、40代です。

数年前より後頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

数日前より、急に痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。

炎症が強くても、全く問題無く手術は可能です。

他院を受診し、

「炎症が強いから今は手術は出来ない。抗生物質を内服して小さくしましょう。」

と言われ、抗生物質を内服してみたものの、効果が全く無なく、ネットで調べて当院を受診される患者さんが非常に多いです。

炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。

それどころか、体を守ってくれている細菌が殺されるために、体調が悪くなります。

(大腸菌が殺されるために、下痢します。等)

痛みが強かったために、受診当日手術を行いました。(幸い(?)にも外来が空いていました。)

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

粉瘤(アテローム)摘出 術後26日

術後26日

 

 鼠経部に粉瘤が出来、当院を受診された女性患者さんから

「ブログには鼠経部の粉瘤が載っていないので、珍しいのかと思っていました。」

と言われた患者さんがおられました。

全く、珍しくは無いです。ほぼ、毎週のように手術をしております。

ただ、場所が場所だけに、ブログに掲載出来ないだけです。

どうしても、ブログに掲載する部位は、当たり障りの少ない頚部や背部になってしまいます。

鼠経部の粉瘤は、圧倒的に女性に多いです。

おそらく、タイトな下着を履かれる方が多いからだと思います。

(こすれる所に粉瘤は出来易い傾向にあります。)


2017年12月4日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射