新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、50代です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

痛くなってきたので、地元の〇〇皮膚科を受診されました。

小さかったために、とりあえず様子を見ましょうと言われたそうです。

数週間後より、だんだんと痛みが強くなってきたために、地元の基幹病院である〇〇中央病院皮膚科を紹介受診されました。そこの医師から

「炎症が強いので今は手術することが出来ません。とりあえず、抗生物質を内服してもらい、様子を見ましょう。」

と言われたそうです。

しかし、抗生物質を内服しても全く痛みが引かないどころか、余計に痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探されて、手術目的にて当院を受診されました。

炎症していても、粉瘤には抗生物質は効果が御座いませんので、抗生物質の内服は中止させて頂きました。

受診当日、あまりにも痛みが強かったために(幸い?外来も空いていた)、手術をさせて頂きました。

手術は、くりぬき法で行いました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

粉瘤(アテローム)摘出 術後20日

術後20日

粉瘤(アテローム)摘出 術後28日

術後28日

粉瘤(アテローム)摘出 術後37日

術後37日

 

 本日のブログが本年最後のブログとなりました。

本年も、お付き合い頂きまして、有難う御座いました。

この細々と継続している地味ブログですが、今年嬉しいことが御座いました。

お味噌汁をこぼして、熱傷された1歳の女の子がおられました。

すぐに地域の基幹病院救急外来を受診され、入院となりました。

そして、そこの医師から、深い熱傷だからと植皮の必要性を説明されたそうです。手術日まで決まっていたそうです。

しかし納得のいかないお母さんは、必死になって植皮せずに治せる医療機関を探され、このブログにたどり着いたそうです。

強く主治医に退院を希望され、病院を退院し、その日のうちに当院を受診されました。もちろん植皮をせずに湿潤療法で熱傷は治りました。可愛い可愛い1歳の女の子でした。

そのお母さんから

「先生のブログだけが心の支えでした。植皮が必要と言われていましたが、先生のブログを毎日何度も何度も見て、手術しなくても絶対に治る!と心に言い聞かせていました。」

と言って頂きました。

こんな地味なブログでもお役に立つことが出来るんだなぁと思い、本当に嬉しかったです。

来年も、少しでも患者さんのお役に立つ事が出来ればと思っております。

来年も宜しくお願い致します。

よいお年をお迎えください。

                               郡田大宇 拝


2018年12月27日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、70代です。

当院にて、腰痛、膝痛に対し、治療中のPt.です。

頚部のイボを何とかしてほしいと希望されたので、手術させて頂きました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前(正面)

術前(正面)

術後9日(正面)

術後9日(正面)

 

術前(右側)

術前(右側)

術後9日(右側)

術後9日(右側)

 

術前(左側)

術前(左側)

術後9日(左側)

術後9日(左側)

 


2018年12月20日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

 患者さんは、40代です。

頚部の粉瘤(アテローム)に対し、手術目的にて当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 摘出された粉瘤

摘出された粉瘤

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

粉瘤(アテローム)摘出 術後10日

術後10日

粉瘤(アテローム)摘出 術後17日

術後17日

 


2018年12月17日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、4歳の可愛い可愛い女の子です。

炊飯器の蒸気で前腕を熱傷されました。

当日、地域の基幹病院である〇〇病院救急外来を受診されました。

従来通りの処置(消毒、ガーゼ)だったそうです。

友人に相談したところ、当院受診を勧められ、当院受診されました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

ハイドロコロイドで治療致しました。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後3日

加療後3日

加療後7日

加療後7日

 


2018年12月13日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、50代です。

多数有る頚部のイボ切除目的にて、当院を受診されました。

あまりにも数が多かったので、3回に分けて手術致しました。

今後も、追加手術予定です。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

いぼ切除 術前(正面)

術前(正面)

3回術後(正面)

3回術後(正面)

 

いぼ切除 術前(右側)

術前(右側)

3回術後(右側)

3回術後(右側)

 

いぼ切除 術前(左側)

術前(左側)

3回術後(左側)

3回術後(左側)

 


2018年12月10日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

 患者さんは、40台です。

5年以上前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

最近になり痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。

すると、医師からは

「とりあえず、抗生物質で様子見ましょう。

手術をすると、大変だからほっといた方が良いですよ。」

と言われたそうです。

医師の指示通り、抗生物質を内服していましたが、全く良くならないどころか、余計に痛くなってきた為に、ネットで調べて当院を受診されました。

当院のブログで、炎症している粉瘤に対し抗生物質は効果が無いことを知ったそうです。

「痛みも有るために、早く手術をしてすっきりしたいです!」

とのご要望でしたので、受診された当日(幸い?外来がすいていました)、手術させて頂きました。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

摘出された粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

 


2018年12月6日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。

テーブルの上に置いてあった入れたてのお茶が入ったコップを倒し、熱傷されました。

当日、地元の基幹病院である〇〇市立病院救急外来を受診。

重度の熱傷の為、そのまま皮膚科入院となったそうです。

翌日から毎日、軟膏を塗ったガーゼを貼り替えていたそうです。

また、感染予防目的にて、抗生物質が処方されていました。

熱傷部があまり良くならなかった為に、植皮の手術が必要になると説明を受けられたそうです。

ご両親は入院中に色々と調べられ、当院の事を知り、当院のブログを読み、

「絶対に植皮せずに治るはず!」

と心の中で思っておられたそうです。

(地味に書き続けているこのブログが、少しでもお役に立てた様で、良かったです。)

その通りです。〇〇市立病院皮膚科の医師より、ご両親の方が正しいご判断でした。

ご両親は、一日でも早く退院して当院を受診したかったそうですが、その旨を主治医に何度言っても、この状態では退院させることが出来ないと言われたそうです。

熱傷後6日目に退院することが出来、その足で当院を受診されました。

植皮せずに必ず治ることを今までの症例写真を用いて説明させて頂きました。

かなり、ほっとされたご様子でした。

ハイドロコロイドで治療致しました。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 しかし、あのまま〇〇市立病院皮膚科の医師の説明を信用し、植皮を受けていたかと思いますと、ゾッといたします。

1歳の可愛い可愛い女の子のお尻が、傷だらけになるところでした。

必死になって調べられたご両親のおかげで、また無用な手術から子供を救う事が出来ました。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

湿潤療法 加療後11日

加療後11日

 


2018年12月3日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射