新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

患者さんは、3歳の可愛い可愛い男の子です。

地元の〇〇皮膚科で「アトピー性皮膚炎」と診断され、約1年間通院していましたが一向に良くならない為に、ネットで色々と調べられ、当院を受診されました。

〇〇皮膚科の医師からは

 ① 全身を強酸性水で洗う。

 ② 極力全身を乾燥させる。

という治療を受けられていました。

これは、治療と言うより拷問だと思います。

まず、かさかさした肌に強酸性水をかけるなんて、怪我したところに洗剤をかけるようななものでして、良くなるはずが有りません。

また、カサカサしている肌を余計に乾燥させて良くなるはずが御座いません。

正しい保湿の仕方を説明させて頂きました。

 ① お風呂では石鹸、シャンプーは使用せず、シャワーで流すだけ。

 ② 入浴後、全身にワセリンを塗る。

ただ、これだけです。

そして、掻きむしって傷になっている部位には、ハイドロコロイドを貼りました。

1年間通院していても治らなかった乾燥肌が、当院を通院したった1週間で随分良くなり、お母様も驚かれていました。

ただ、私がした治療は、何も特別な事をしたわけでは御座いません。

ただただ、お肌に良くない事を避けて頂いただけで御座います。

私に特殊な技術が有るからでは御座いません。

肌荒れで受診される多くの患者さんの傾向は

 ① 洗いすぎ

 ② 界面活性剤を使いすぎ

です。

お肌に良かれと思ってしている事が、実はお肌に害を及ぼしている事が結構御座います。

お化粧、化粧水、保湿クリーム(ヒルドイドローション等)、ハンドクリーム、日焼止めクリーム等々です。

上記のすべてに、界面活性剤が入っております。

乾燥肌でお悩みの患者さんは、一度思い切って、毎日石鹸で洗うのを止めてみてください。頭皮のカサカサでお悩みの患者さんは、一度思い切って、シャンプーで洗うのを止めてみてください。そして、毎日当たり前のように行っているお肌のケアを、今一度考えなおしてみてください。ほとんどの女性は、毎日大量の界面活性剤を使用しております。界面活性剤の使用をやめて、ワセリンを使ってみてください。

あくまでも私の外来での印象ですが、80%の患者さんのお肌のトラブルはこれで解消されます。

雑誌等で「つるつるお肌に」「うるおいのあるお肌に」等々の効果がると謳って、大量の界面活性剤が販売されています。

全ての商品の詳細は存じ上げませんが、少なくともクリーム剤である以上、界面活性剤が入っておりますので、使用は止められた方が良いと思います。

お肌を綺麗にする秘訣は非常にシンプルです。

 ① 洗いすぎない

 ② ワセリンを全身に塗る

以上です。

お肌のトラブルで当院外来を受診された患者さんが、私の肌を見て(お世辞だとは思いますが。)

「先生お肌きれい!51歳なんですか!何を使ってるんですか?」

とおっしゃる方がおられます。(結構多いです)

私の美肌(?)の秘訣は、洗わない、ワセリン塗る、ただそれだけです。

 

(胸腹部)

初診時(胸腹部)

初診時(胸腹部)

加療後7日(胸腹部)

加療後7日(胸腹部)

 

(膝裏)

初診時(膝裏)

初診時(膝裏)

加療後7日(膝裏)

加療後7日(膝裏)

 

(肘)

初診時(左肘)

初診時(左肘)

加療後7日(左肘)

加療後7日(左肘)


2020年6月29日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,肌荒れ、湿疹,アトピー性皮膚炎

 患者さんは、30代です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

最近になり、痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探され、当院を受診されました。

炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質を処方する医療機関が大変多いです。しかし、炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質は効果が御座いません。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後25日

術後25日


2020年6月25日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、60代です。

電気ポット内の沸かしたての熱湯を持ち運んでいた際に、滑って転倒し熱傷されました。

〇〇総合病院へ救急搬送され、処置を受けられました。

その後、同病院を3回受診されました。

全ての処置の際に、ゲーベンクリームを塗られたそうです。

その際、物凄く痛かったそうです。

この処置は何かおかしいと思われた娘さんが、色々と調べられ「なつい式湿潤療法」目的にて当院を受診されました。

ゲーベンクリームは絶対に使用してはいけない薬です。

組織を破壊いたします。よって、強い痛みが起こります。

「なつい式湿潤療法」にて治療致しました。

処置の最中、全く痛く無かったそうです。

創部を一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

初診時

初診時

初診時(ゲーベン除去後)

初診時(ゲーベン除去後)

加療後3日

加療後3日

加療後10日

加療後10日

加療後13日

加療後13日

加療後21日

加療後21日

加療後28日

加療後28日

加療後38日

加療後38日

加療後52日

加療後52日

加療後59日

加療後59日

加療後66日

加療後66日

加療後80日

加療後80日


2020年6月22日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、5歳の可愛い可愛い女の子です。

転倒し、右中指を怪我してしまいました。

ママ友からの勧めで、当院を受診されました。

ハイドロコロイドを用いて、治療致しました。

創部は、「なつい式湿潤療法」で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

加療後8日

加療後8日


2020年6月18日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、40代です。

額に粉瘤(アテローム)が出来た為に、近医より紹介してもらい〇〇大学病院皮膚科を受診されました。医師から、傷跡が残るから手術しない方が良いと言われたそうです。

そこで、色々と調べられ、当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

よく患者さんから

「先生の術後の傷跡はなんでそんなに綺麗に治るんですか?」

と質問される事が御座います。

答えは

① 極力小さな傷で手術をする。

② 術後創部を「なつい式湿潤療法」で治療する。

からです。

ですから、私に特別な技術、技能が有るわけでは決して御座いません。

当たり前のことを当たり前にしているだけで御座います。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後3日

術後3日

術後8日

術後8日

術後1か月

術後1か月


2020年6月15日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、30代です。

いれたてのコーヒーを右手にこぼしてしまい、熱傷されました。

地元の〇〇病院救急外来を受診。

ガーゼ、消毒処置を受けられたそうです。

翌日、地元の〇〇皮膚科を受診。

同じように、ガーゼ、消毒処置だったそうです。

医師は、遠くから指示を出すだけで、一切処置はしなかったそうです。

そして、感染するかもしれないからと、抗生物質が処方されました。

患者さん曰く

「こんな治療では良くなるはずがない!」

と思われたそうです。

そこで、ネットで色々と調べられ、「なつい式湿潤療法」目的にて当院を受診されました。

「なつい式湿潤療法」の説明をさせて頂き、ほとんど傷跡は残らず治る事を説明させて頂きました。

患者さんからは

「来て良かったです。涙が出そうです。」

と言って頂きました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

感染しておりませんでしたので、抗生剤の内服は中止致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

他院からいらっしゃる患者さんの多くの方々は、感染予防目的にて抗生物質が処方されています。

 抗生物質は、感染したら内服するお薬であって、感染要望目的にて内服するお薬では御座いません。感染したくないという理由で内服しなければならないのであれば、お怪我、熱傷関係なく、だれも感染したいと思っている人はいないはずなので、私を含めた国民全員が毎日内服したほうが良いという事になります。

 抗生物質は強いお薬です。無駄に内服しますと、大腸菌が殺されますので下痢します。女性であれば膣常在菌が殺されますので、カンジタになりやすくなります。抗生物質は、感染してから内服するお薬であって、感染予防目的にて内服するお薬ではないと思っております。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後8日

加療後8日


2020年6月11日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

患者さんは、9歳の可愛い可愛い女の子です。

転倒し受傷されました。

かかりつけの〇〇小児科を受診されましたが、何も出来ないと言われたそうです。

そこで、ネットで傷を綺麗に治してもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。

ハイドロコロイドを用いて治療致しました。

なつい式湿潤療法で治療致しましたので、一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

初診時

初診時

加療後4日

加療後4日


2020年6月8日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、30代です。

頭部に粉瘤(アテローム)が出来た為に、あまり髪の毛を剃らずに綺麗に手術をして貰える医療機関を探され、当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

普通、頭部の手術であれば、CD一枚分の剃毛を致します。

しかし、当院ではほとんど剃毛致しません。

よって、術後すぐから仕事をする事が出来ます。

術後1か月も経ちますと、ほとんど傷跡は分からなくなります。

数年経ちますと、手術をしたこと自体、忘れている患者さんもいらっしゃいます。

(この事は実は、外科医として最高に名誉な事なのです。

研修医の頃、父(産婦人科医)から

「手術をしたこと自体、患者さんが忘れるほどの綺麗な手術が出来るようになりなさい。」と言われた事が有ります。

当時は、「覚えてもらってた方がいいんちゃうん?」って、あまり理解出来なかったのですが・・・

遅まきながら、ようやく最近、少し分かるようになってきました。)

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術直後

摘出された粉瘤

摘出された粉瘤

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後11日

術後11日

術後18日

術後18日


2020年6月4日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、40代です。

頚部のブツブツ(脂漏性角化症)切除目的にて、当院を受診されました。

一つずつに局所麻酔をして、切り取ります。

術後1か月もしますと、傷跡はほぼ無くなります。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

(正面)

術前(正面)

術前(正面)

術直後(正面)

術直後(正面)

術後17日(正面)

術後17日(正面)

 

(右側面)

術前(右側面)

術前(右側面)

術直後(右側面)

術直後(右側面)

術後17日(右側面)

術後17日(右側面)

 

(左側面)

術前(左側面)

術前(左側面)

術直後(左側面)

術直後(左側面)

術後17日(左側面)

術後17日(左側面)

 

切除された角化症

切除された角化症

 


2020年6月1日  6:00 AM |カテゴリー: 老人性疣贅

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射