新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、30代です。

お子様と花火をしている最中に、火花が指に当たり熱傷されました。

地元の基幹病院である〇〇病院救急外来を受診。

従来通りのガーゼ、消毒処置だったために、不信感を持ち色々とネットで調べられ、湿潤療法目的にて当院を受診されました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

ハイドロコロイドを用いて治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

(正面)

初診時(正面)

初診時(正面)

初診時水疱膜切除後(正面)

初診時水疱膜切除後(正面)

加療後4日(正面)

加療後4日(正面)

加療後13日(正面)

加療後13日(正面)

 

(側面)

初診時(側面)

初診時(側面)

初診時水疱膜切除後(側面)

初診時水疱膜切除後(側面)

加療後4日(側面)

加療後4日(側面)

加療後13日(側面)

加療後13日(側面)

 


2019年7月29日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、30代です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

数日前より痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探され、ご遠方より当院を受診されました。

幸い(?)外来が空いていたために、当日手術させて頂きました。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後11日

術後11日

術後18日

術後18日

 


2019年7月25日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、40代です。

自転車で転倒し、受傷されました。

湿潤療法目的にて、当院を受診されました。

ハイドロコロイドを用いて治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

加療後7日

加療後7日

 


2019年7月22日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、40代です。

頚部にある多数のイボ切除目的にて、当院を受診されました。

イボは、局所麻酔下にて切除致します。

レーザーで除去する医療機関も御座いますが、私は、切除したほうが術後創部が綺麗治ると考えております。

レーザーで除去いたしますと、創部は熱傷後と同じ状態になります。

よって、ケロイド様になる場合も御座います。(もちろん、綺麗に治る事も御座います。)

しかし、切除であれば、術後出血いたしますので、術後の見た感じは痛々しいですが、創部の皮下組織は傷んでおりませんので(熱傷していない為)、術後創部を湿潤療法で治すことによって、ほとんど傷跡が残らず治ります。(全く傷跡が残らないという事では御座いません。)

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後5日

術後5日

術後1か月半

術後1か月半

 


2019年7月18日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

 患者さんは、40代です。

10年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

1週間ほど前より、急に大きくなって痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。

そこの医師から

「炎症が強い間は手術が出来ません。とりあえず、抗生物質を飲んで炎症を抑えましょう。手術は、炎症が落ち着いてからとなります。」

と言われたそうです。

その後、抗生剤を内服するも、どんどん痛くなってきたために、ネットで色々と調べられ、他県より当院を受診されました。

炎症が強い粉瘤(アテローム)に抗生剤を内服しましても、ほとんど効果は御座いません。

また、炎症が強い粉瘤(アテローム)でも、全く問題なく手術することが出来ます。

あまりにも痛みが強かったために、受診日当日手術させて頂きました。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後11日

術後11日

術後25日

術後25日

 


2019年7月11日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、50代です。

転倒し、頭部を打撲し受傷されました。

〇〇病院へ救急搬送。消毒、ガーゼ処置を受けられました。

綺麗に傷を治してくれるクリニックを探され、当院を受診されました。

ハイドロコロイドを使用いたしました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

加療後7日

加療後7日

加療後14日

加療後14日

 


2019年7月8日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、50代です。

多数有る頚部のイボ切除目的にて、当院を受診されました。

局所麻酔をして、一つずつ切除していきます。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後7日

術後7日

切除された多数のイボ

切除された多数のイボ

 


2019年7月4日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

 患者さんは、3歳の可愛い可愛い男の子です。

滑り台から落ちて受傷されました。

ママ友の勧めで、当院を受診されました。

ハイドロコロイドを用いて、治療致しました。

一度も消毒はしておりません。

抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

加療後1日

加療後1日

 


2019年7月1日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、30代です。

約6年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

数日前より腫れてきて、痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療を探され、当院を受診されました。

炎症が強くても、全く問題なく手術をすることが出来ます。

また、炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質を処方されている医療機関が多いですが、ほとんど効果は御座いません。

当院では、炎症が強い粉瘤の患者さんに対し、積極的に手術しております。

また、抗生物質は術後感染状態にならない限り、処方することは御座いません。

ちなみに、ここ7年間、手術した患者さんに一度も抗生物質を処方したことは御座いません。術後、感染された患者さんが一人もおられないという事です。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術直後

摘出された粉瘤

摘出された粉瘤

術後1日

術後1日

術後8日

術後8日

術後14日

術後14日

 


2019年6月24日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

生後6か月の乳児に点滴漏れ 足の甲の皮膚壊死

この生後6か月の患者さんは、皮膚移植術を受けられてしまったそうです。

「太ももの皮膚を移植したが、今後、指の変形や知覚が弱まる可能性などがあるという。」と記事の文中に御座います。

 この患者さんをじかに診察をしておりませんので、軽々に物事も申し上げることは出来ません。しかし、おそらく、湿潤療法をしていれば、皮膚移植術はせずに治すことが出来たのではないかと思いますと、残念でなりません。

 以前、このブログでご紹介させて頂いた症例の様に、植皮せずとも湿潤療法で治療していれば治ったのではないかと。

繰り返しになりますが、実際、私は診察をしておりませんので、あくまでも想像です。

しかし、湿潤療法だけでは治らず、植皮術が必要になる傷、熱傷は、1歳半以下のお子さんの手掌熱傷以外、ほぼ御座いません。

生後6か月の大事な大事なお子さんの将来を考えると、心配です。

また、親御さんのお気持ちを考えると、胸が締め付けられます。


2019年6月21日  8:22 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,診療,話題

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射