新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、40台です。

約3年前より、左肩に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

3週間前より痛くなってきたために、近医である〇〇クリニックを受診されました。

そこの医師から

「炎症が引いてからでないと、手術は出来ません。とりあえず、抗生物質で炎症を引かせましょう。」

と言われ、1週間分の抗生物質が処方されたそうです。

1週間、抗生物質を内服しても全く痛みが引かない為に、再度受診されました。

すると、違う抗生物質を再度1週間処方されたそうです。

しかし、腫れが引くどころかかえって腫れてきて痛みも強くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。

炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質を内服しましても、ほとんど効果は御座いません。

また、炎症が強くても全く問題なく手術をする事が出来ます。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後11日

術後11日

術後17日

術後17日

 


2019年4月1日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、70代です。

転倒し受傷されました。

地元の基幹病院である〇〇総合病院を受診。

消毒、ガーゼ処置で、傷は洗わないように言われたそうです。

医師からの説明に納得のいかなかったご家族の方が色々と調べられ、当院を受診されました。

もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。

ハイドロコロイドで治療致しました。

感染傾向は認められませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時(正面)

初診時(正面)

加療後2日(正面)

加療後2日(正面)

加療後9日(正面)

加療後9日(正面)

 

初診時(側面)

初診時(側面)

加療後2日(側面)

加療後2日(側面)

加療後9日(側面)

加療後9日(側面)

 


2019年3月28日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、60代です。

額に多数の白ニキビが出来た為に、手術目的にて当院を受診されました。

局所麻酔下にて、小切開し一つずつ、摘出していきます。

術後、創部にはハイドロコロイドを貼って治していきます。

 

術前

術前

術後7日

術後7日

 


2019年3月25日  6:00 AM |カテゴリー: 白ニキビ

 患者さんは、50代です。

右第一趾のしこりがだんだんと痛くなってきたために、近医である〇〇整形外科を受診。ガングリオンとの診断の下、針で吸引されたそうです。

しかし、何も出なかったそうです。(そりゃあそうです。)

そこで、地元の基幹病院である△△総合病院を紹介受診。

「炎症が強いから今は何もできない。〇〇整形外科で炎症を引かせる処置を受けて下さい。」

と言われたそうです。

そこで再度、〇〇整形外科を受診。

毎日、消毒に通院するように言われたそうです。

消毒の度、激痛だったそうです。

また、炎症を引かせる目的で、1週間分の抗生物質が処方されました。

しかし、炎症は全く引かなかったために、もっと強い抗生物質が追加で1週間処方されたそうです。

しかし、炎症が引くどころか、ますます炎症は強くなっていき、これは何かおかしいと思われた患者さんが、ネットで調べて当院を受診されました。

炎症が強くとも、全く問題なく手術することが出来ます。

また、炎症が強い粉瘤に対して、抗生物質はほとんど効果が御座いません。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後2日

術後2日

術後6日

術後6日

術後13日

術後13日

術後20日

術後20日

術後29日

術後29日

術後47日

術後47日

術後112日

術後112日

 


2019年3月18日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、3歳の可愛い可愛い男の子です。

ドアに指を挟んで受傷されました。その際に、爪は取れたそうです。

ハイドロコロイドを用いて治療致しました。

もちろん一度も、消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

加療後10日

加療後10日

 


2019年3月14日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、生後7か月の可愛い可愛い女の子です。

あつあつのお味噌汁をこぼしてしまい、熱傷されました。

当日、当日〇〇病院救急外来を受診。ガーゼ処置を受けられました。

翌日、近医であるA皮膚科受診。再度、ガーゼ処置を受けられ、絶対に熱傷部を濡らさないように言われたそうです。

「湿潤療法」について少し知識が有ったご両親は、処置、先生の説明に納得がいかなかったために、受傷2日後に別のB皮膚科を受診。

前医と全く同じガーゼ処置で、お風呂では濡らさないように言われたそうです。

やはり納得のいかなかったご両親は、熱傷3日後に再度別のC皮膚科を受診。

このC皮膚科は「湿潤療法」をしていると謳っている医療機関だったそうです。

そこで「湿潤療法」を希望されましたが、ガーゼ処置だったそうです。

そして、毎日熱傷部を石鹸で洗うように指導されたそうです。

しかし、石鹸で洗うとお子様が大泣きされたために、洗うのをやめられたそうです。

(そりゃあ、石鹸で熱傷部を洗うと、もの凄く痛いので、泣いて当然です。僕でも泣くと思います。)

そのことをC皮膚科の医師に伝えると、

「なんで洗っていないんだ!」

と強い口調で怒られたそうです。

3件皮膚科を受診され、結局何が正しいのか分からなくなったご両親は、正しい「湿潤療法」をして貰えそうな医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。

「湿潤療法」での治療は、ほとんど痛みは御座いません。

痛いことをされたという事は、何か間違っているという事だと思います。

「湿潤療法」ではまず、ガーゼは使用いたしません。創部が乾燥するからです。

そして、創部を洗うことは重要なのですが、石鹸を使用してはいけません。

創部に界面活性剤をしようすると、創部が深くなります。そして、何より激痛を伴います。

・ガーゼを使用する。

・創部を石鹸で洗うように指導する。

以上の行為を行う医師は、「湿潤療法」をしていない医師です。

正しい「湿潤療法」をしている医療機関を受診されることをお勧め致します。

ハイドロコロイドで治療致しました。

一度も、消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

(もちろん創部には石鹸をしようせず、お湯で流すのみです。)

 

初診時(指)

初診時(指)

加療後4日(指)

加療後4日(指)

 

初診時(前腕1)

初診時(前腕1)

加療後4日(前腕1)

加療後4日(前腕1)

 

初診時(前腕2)

初診時(前腕2)

加療後4日(前腕2)

加療後4日(前腕2)

 


2019年3月11日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,熱傷 Burn

 患者さんは、30代です。

数年前より、肩に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

数日前よりものすごく痛くなってきたために、炎症が強くとも手術をして貰える医療機関を探され、当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後12日

術後12日

術後約2年

術後約2年

 


2019年3月7日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、10代です。

スライサーで右環指の先端を切ってしまい、受傷されました。

自分でキズパワーパッドを貼ってその日はやり過ごし、湿潤療法をしている医療機関をネットで探され、翌日当院を受診されました。

ハイドロコロイドを用いて治療致しました。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

もちろん一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 見た目はかなり痛々しい傷ですが、湿潤療法で治療致しますと、ほとんど痛みを感じずに、元の指に綺麗に戻ります。指紋まで戻ります。

(残念ながら?別人にはなれません。)

こういう傷に消毒致しますと、飛び上がるほど痛いです。

傷に消毒は絶対にしてはいけません。

 

初診時(1)

初診時(1)

加療後4日(1)

加療後4日(1)

加療後14日(1)

加療後14日(1)

 

初診時(2)

初診時(2)

加療後4日(2)

加療後4日(2)

加療後14日(2)

加療後14日(2)

 


2019年3月4日  6:00 AM |カテゴリー: なつい式湿潤療法 moistcare,傷、怪我 Bruise

 患者さんは、50代です。

頚部のイボ切除目的にて、ネットで調べて当院を受診されました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前(正面)

術前(正面)

術直後(正面)

術直後(正面)

術後7日(正面)

術後7日(正面)

 

術前(右側)

術前(右側)

術直後(右側)

術直後(右側)

術後7日(右側)

術後7日(右側)

 

術前(左側)

術前(左側)

術直後(左側)

術直後(左側)

術後7日(左側)

術後7日(左側)

 

切除されたイボ

切除されたイボ

 


2019年2月28日  6:00 AM |カテゴリー: いぼ

 患者さんは、40代です。

後頚部に約1年前より粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

1週間前より痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 いまだに、炎症している粉瘤(アテローム)には手術が出来ないと考えている医師が多いようです。

今まで、数多くの症例をこの地味なブログにあげさせて頂いております通り、炎症が強くても全く問題なく手術することが可能です。

炎症の強い粉瘤(アテローム)の方が、被膜が周囲組織から遊離しておりますので、逆に手術はやり易いくらいです。

(師匠の夏井先生のH.P.御参照下さい。)

また、炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、とりあえず抗生物質を処方する医療機関がかなり多いようですが、ほとんど効果が無いと私は思っております。

「他院で抗生剤を処方されたが、全く治らないどころか余計に炎症が強くなった。」と言って受診される患者さんが多数おられます。抗生物質のせいで炎症が強くなった訳では御座いません。一旦炎症が始まりますと、被膜が破れるまで炎症はどんどんひどくなっていきます。

「抗生物質を内服すると炎症が引いた。」という患者さんもまれにいらっしゃいます。それは、抗生物質を内服した時期と、被膜が破れた時期がたまたま同じだったという事だと思います。

抗生物質を内服しましても、炎症を抑えることはほとんど出来ません。

被膜の内部で炎症が起こっておりますので、被膜ごと取り切るしか治る方法は無いと思っております。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

粉瘤(アテローム)摘出 術後7日

術後7日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後20日

術後20日

粉瘤(アテローム)摘出 術後24日

術後24日

 


2019年2月25日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射