低温やけどにご注意ください。(湿潤療法)

受診時受診時加療6週間後加療6週後

これからの季節、圧倒的に増える症例は、「低温やけど」です。

今年の冬は、寒くなる事が予想されております。

低温やけどは、いぶされるようにじわりじわりと皮膚を傷め、また長時間皮膚、皮下組織が傷めつけられるために、深いところまで組織が傷んでしまうので、加療には時間がかかります。

しかし、もちろん湿潤療法をすることにより、植皮をすることなく、治ります。

この、写真の患者さんも湯たんぽでの「低温やけど」です。

最初に受診した病院の皮膚科では、「植皮をしないと治らない 。」と言われ、当院へ逃げて(?)来られた患者さんです。

加療後6週間で治りました。このように、普通のやけどとは違って、低温やけどは治癒するのに時間はかかりますが、湿潤療法をすることにより、不要な手術をすること無く、治すことが出来ます。

関連記事

  1. 初診時

    指の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  2. バイクで転倒された患者さんです。(湿潤療法)

  3. 初診時

    1歳 手掌の熱傷です。(なつい式湿潤療法)(約1年後の写真有…

  4. 額の割創です。(テープ固定で加療しました)

  5. 5歳 鼻のひっかき傷です。(湿潤療法)

  6. こおりた ひろ形成整形外科

    手掌熱傷後の拘縮

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。