糖尿病壊疽の患者さんの写真です。(湿潤療法)

初診時2
糖尿病性壊疽

初診日

糖尿病性壊疽

加療2週間後

 昨日、お書きした糖尿病性壊疽の患者さん(60代 女性)の症例写真です。
他の大きな基幹病院(10件以上受診されたそうです)では、「治療法は切断しかない。
しかし、全身状態が悪いために手術も出来ない。」と言われていたにも関わらず、湿潤療法をすることにより、たった2週間で随分良くなってまいりました。
受診日に真っ黒だった部分も、皮膚色へと改善してきております。
まだまだ良くなるはずです。
この改善はもちろん「湿潤療法」による治療をしているからですが、その処置を毎日されておられる御主人のおかげです。
患者さんの御主人は、奥様の為に、週3回の透析、週2回の当院通院(片道2時間)、家事等々、本当に大変な日々をすごしておられます。
患者さんは脳梗塞もおありの為に、お風呂、トイレもご主人がつきっきりで介助されておられます。
本当に御苦労様です。本当に御主人のおかげです。

関連記事

  1. 初診時

    植皮が必要と言われた前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    大腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 加療後6日2

    右下肢の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時(下肢)

    前回(10月30日)の続きです。

  5. 血腫除去中

    右前腕挫滅創に対し他院で縫合。その後感染し受診された症例

  6. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP