粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

1歳女子下腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

受診時

湿潤療法1週間後

 先日、ある有名皮膚科クリニックから患者さんが逃げて(?)来られました。
患者さんは、1歳の女の子です。コンロに接触し受傷されました。
近隣では有名な皮膚科を受診。残念ながら旧来通りの「消毒、ガーゼ、ゲーベンたっぷり」の治療を1週間受けられたそうです。
処置の度に泣き叫ぶわが子を見て、ご両親が治療に疑問を持たれ、ネットで「湿潤療法」を検索、当院受診となりました。
湿潤療法をすることにより、痛みもほとんど無く、1週間ですっかり良くなりました。
最初に受診された皮膚科の先生は、残念ながら「ゲーベンクリーム剤が傷を深くする」(夏井先生のHPより)事をご存じ無かったようです。
この先生、ある県の皮膚科医会会長先生です。雑誌、テレビにもよく登場されておられます。
残念ながら、「湿潤療法」はまだまだ少数派の様です。

関連記事

  1. 初診時 (2)

    目じりの小じわ改善!

  2. 初診時(水疱膜切除後)

    熱傷 大腿(湿潤療法)

  3. 初診時(膝)

    挫創 膝、手(湿潤療法)

  4. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  5. 初診時(膝)2

    手、膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    低温熱傷 7歳 足関節(なつい式湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。