巻き爪(陥入爪)の症例です。

受診時

初診時

巻き爪(陥入爪)術後1カ月

巻き爪(陥入爪)術後1カ月

 患者さんは20代男性です。
この症例は、巻き爪(陥入爪)と言うよりは、「深爪」です。
深爪
 ↓
爪が生える際に皮膚を切る
 ↓
痛みを伴う
 ↓
また深爪をする 😥
と、悪いスパイラルに入られた患者さんです。結構、こういうパターンは多いです。
残念ながら、未だにこういう症例に対し、爪切りで深爪をする皮膚科医、形成外科医がいます。
深爪した際は、確かに一時的に痛みからは解放されます。しかし、上記の通り、結局は病状を進行させることになります。
よって、治療とはならない訳です。ですから、深爪は絶対にしてはいけません。
当院では、「フェノール法」とういう方法で手術しております。
術直後から、ほとんどの患者さんが、爪が当たることによる激しい痛みから解放されます。 😀
巻き爪(陥入爪)でお悩みの患者さんは、ご来院下さい。

関連記事

  1. 初診時2

    肉芽形成を伴う陥入爪

  2. 術前3

    巻き爪と深爪

  3. 肉芽形成を伴う陥入爪(爪周囲炎)です。

  4. 術前2

    巻き爪(陥入爪)に対する手術です。

  5. 手術予約枠に関して

  6. 巻き爪(陥入爪)の手術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP