植皮を勧められた患者さん。(湿潤療法)

 先日、またまた、植皮を大きな病院で勧められた患者さんご自身が「これはおかしい!」と思われ、ご自分で湿潤療法を検索し、他府県からわざわざ当院へ来院されるという、よくあるパターンの患者さんが来院されました。患者さんは本当に大変です。

以下、当院御受診して頂くまでの経過です。

 最初、近くの皮膚科を受診し、「この熱傷は2度です。」と言われ、従来通りの治療。

翌日、同じ皮膚科を受診し、「この熱傷は3度です。」と言われ、その県の基幹病院である○○病院形成外科を紹介された。

○○病院形成外科の医師より、「植皮をしないと治りません。」と言われ、ゲーベンクりームべったり 😈 、ガーゼ処置を受けた。

そこで、患者さんご自身が「これはおかしい!」と思われました。

(思われて本当に良かったです。 😀 )

湿潤療法をしている医療機関を検索。

お住まいの県で検索。ヒットした医療機関数件に電話してみると、「○○病院形成外科で植皮が必要と言われたのであれば、湿潤療法では治りません。」と言われたそうです。

仕方なく、わざわざ他県である当院を受診されました。

 どれだけ凄い熱傷なのかと思い、熱傷部を見てビックリ!足関節背側に約5cmの熱傷があるだけです。

こんな熱傷に対しても植皮がされているんだなあと、愕然と致しました。

「植皮なんてしなくても絶対に治ります。安心して下さい。」と申しますと

患者さんから大きな声で 「ですよねえ!」 とほっとした顔で言われました。

もちろん、湿潤療法の説明をし、創傷被覆材を貼って治しております。

本当に残念ながら、湿潤療法に関しては、「治療のプロであるべき医師よりも、治療には素人の患者さんの方がよほどプロ!」ということがよくあります。

患者さんご本人の許可が頂けましたら、写真掲載させて頂きます。

 

 

関連記事

  1. 加療後3日

    1歳 植皮が必要と言われた顔から上腕にかけての熱傷です。(湿…

  2. 初診時(背側)

    7か月 点滴漏れによる皮膚壊死です。(湿潤療法)

  3. 初診時(左手)

    前々回の続きです。

  4. 加療後1日(正面)

    0歳 下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    9歳 大腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP