粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

爪を剥がれた患者さんです。(湿潤療法)

初診時2

 患者さんは、50代 男性です。
足をぶつけて、左足第一趾の爪が剥がれたそうです。
当日、当院受診されました。
傷、熱傷のみではなく、このような症例に対しましても、湿潤療法は威力を発揮致します。
湿潤療法で治療致しますと、ほとんど痛く無く、極めて早期に治癒致します。
従来通りの治療(消毒、ガーゼ)では、飛び上るほど処置の度に痛みを伴います。
この創部を消毒すると、本当に本当に痛いんです。そして、ガーゼを剥がす時には皮膚にくっついているので、剥がす度に出血!
そして、出血している創部を消毒。想像するだけでも、冷や汗が出ます。
 湿潤療法は、極めてシンプルです。
1-創傷被覆材で足趾を覆う。
2-毎日、水道水(微温湯)で洗う。(石鹸は使用しない)
患者さんにして頂く事は以上です。
 生活は普通で結構です。とりたてて安静にして頂く必要は御座いません。
1週間もしたら、すっかり治りました。
「全然痛く無くって、助かりました!」と言って頂きました。

初診時

加療1週間後

 爪が剥がれて来院される患者さんのほとんどの方は、拍子抜けして帰られます。
「こんなんで終わり???全然痛くなかった。」と。
相当痛い処置(消毒)をされると思って来院される患者さんが多いからです。

関連記事

  1. 加療後1日(正面)

    0歳 下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    熱傷 4歳 下腿(湿潤療法)

  3. 初診時2

    1歳6か月 男児 顔面熱傷 です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    挫創 顎(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時(左手)

    前回の続きです。

  6. 初診時2

    子供のお腹の火傷です。(湿潤療法)