粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

12歳 男の子 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(水疱切除後)

 患者さんは、12歳 男性 医師を目指す 小学6年生です。
熱湯が胸にかかり、受傷されました。当日、地域の基幹病院を受診。
従来通りの処置だった為に、当院へ湿潤療法目的にて来院されました。
受診時、水疱膜が残っていた為に、感染源になりますので、すぐに除去致しました。
約2週間ほどで、治癒致しました。
治癒7か月後、別件で来院されましたので、写真を撮らせて頂きました。
数か月後の状態を実際診察させて頂く事はまれですので、非常に参考になります。(有難う御座いました。)
熱傷の跡はやはり0にはならないのでしょうが、さほど気にならないくらいにはなるようです。
おそらく、1年後はもっと分からなくなっていると思います。

 

初診時

初診時(水疱切除後)

初診時(水疱切除後)

加療1日後

加療3日後

加療5日後

加療12日後

 私の姿を見て、将来の夢である「医師」のイメージが悪くならないように、頑張りました。(もちろんいつも頑張っておりますが・・・)
 最終診察日、「いずれどこかの学会で会おうね!」と言って握手をして別れました。

関連記事

  1. 感染していないのに抗生物質を内服することは止めましょう。

  2. 初診時

    1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    熱傷 顔(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(正面)

    熱傷 大腿(湿潤療法)

  5. 初診時

    顎部の割創です。(縫合・テープ固定)

  6. 初診時

    額の割創です。(テープ固定で加療しました)