粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

9カ月児 頚部から胸にかけての熱傷です。(湿潤療法)

受診時2

 患者さんは、9か月の可愛い可愛い男の子です。
お台所にあったお鍋のお湯をかぶってしまい、熱傷されました。
当日、近医受診されましたが、従来通りの治療法に疑問を持たれ、色々と調べられ、湿潤療法目的にて受傷6日後に当院受診されました。
ガーゼ処置をされていた為に、「かさぶた」べったりでした。
本来なら「かさぶた」は感染源になりますので切除した方が良いのですが、前医での激痛を伴う処置のトラウマのせいでしょう、処置室に入るなり大泣き!とても「かさぶた」を取れる状態では無かったので、そのまま創傷被覆材を貼りました。
翌日には、創部に有った「かさぶた」は、融解しすっかり無くなっておりました。
10日間ほどで治りました。
3週間後には、すっかり奇麗になっておりました。
処置室に入っても痛い事をされないと分かったのでしょう。次第に泣かなくなりました。
最後の診察日は、最初から最後までニッコニコでした。
ちょうど慣れてきてくれた頃に治ってしまいます。

受診時

加療1日後

加療5日後

加療8日後

加療11日後

加療3週間後

 

関連記事

  1. 初診時2

    植皮が必要と言われた1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    挫創 指(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    4歳 眉部の挫創です。(テープ固定)

  4. 初診時

    1歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    挫創 9歳 顔(湿潤療法)

  6. 初診時

    挫創 6歳 顔(湿潤療法)