3歳 女児 側腹部と臀部の熱傷です。(湿潤療法)

6月20日(初診)2

 患者さんは、3歳の可愛い可愛い女の子です。
沸かしたてのお味噌汁が左側腹部と臀部にかかり、熱傷されました。
地域の基幹病院救急外来を受診。
従来のガーゼ処置だったために、治療方針に疑問を持たれた御両親が色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院を御受診されました。
最初に受診された病院からは、いつものように抗生剤が処方されていました。
(他院から当院へ移って来られる患者さんは、ほぼ100%抗生剤を処方されておられます。)
感染していない状態で抗生剤を内服しますと、正常な皮膚常在菌(我々の皮膚を守って下さっている大事な細菌)が死滅するだけです。
よって、感染していない状態で抗生剤を内服してはいけません。
感染状態とは、局所が赤くなり、痛くなり、熱を持ち、腫れている状態です。
その様な状態になった場合には、抗生剤を内服しなければなりません。
しかし、そうでない場合に抗生剤を内服しましても、正常な菌が死滅するだけで、無意味というより有害です。
 湿潤療法により、2週間ほどで治癒致しました。
その後、1か月後にも診察させて頂いたのですが、奇麗に治っており、御両親からも喜んで頂きました。

6月20日(初診)

6月20日(初診)

6月22日

6月22日

6月27日

6月27日

7月6日

7月6日

8月3日

8月3日

 

関連記事

  1. 初診時

    5歳 前腕の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    頬の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    指の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(テープ固定)

    まぶたの割創です。(テープ固定)

  5. 初診時

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP