低温熱傷にはお気を付け下さい。

 季節がら、またエコブームもあり、湯たんぽ等による「低温熱傷」の患者さんが増えて参りました。

低温熱傷の特徴は、写真の様に、最初はあまり痛くなく、創部もそんなに痛々しく御座いません。

初診時

初診時

 しかし、受傷後1~2週間くらい致しますと、歩行しにくくなるくらいの痛みと、肉芽が露出する痛々しい創部になってしまいます。

 

受傷2週間後

受傷2週間後

 

 

 その理由は、皮下の脂肪層が壊死するからです。(詳細は夏井先生のH.P.をご参照下さい。)

いくら湿潤療法を致しましても、致し方の無い事なのです。

もちろん、湿潤療法にて植皮せずに治りますが、熱傷痕が残ります。

十分にお気を付け下さいますよう、お願い致します。

 

 

関連記事

  1. 頬の粉瘤(アテローム)です。

  2. 初診時(前腕)

    前回の続きです。

  3. 膝の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時2

    2歳 親指先端の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  5. 植皮を勧められた患者さん。(湿潤療法)

  6. 頬の切創に対しテーピングで加療

PAGE TOP