2歳 女児 植皮が必要と言われた大腿熱傷です。(湿潤療法)

 

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い女の子です。

アイロンで右大腿を熱傷されました。

その後、近医皮膚科を受診。

「植皮が必要かもしれません。」と医師より言われたそうです。

そこで、心配になり、色々と調べられ「湿潤療法」目的にて当院受診されました。

(おそらくお母様は心配で一晩眠れなかったと思います。)

一連の「湿潤療法」の説明の後、植皮が必要なほどの熱傷とはどれほどの創部なのかと思い、処置室で診察。

「こっこれで植皮ですか・・・」

言葉を失いました。

この程度の熱傷に対し植皮が必要かもしれないとお答えになられた先生は、ご自分のお子様が同じような状態であっても、「植皮」をお考えになられるのでしょうか?

当院では、ハイドロコロイドで加療致しました。

いつものように、消毒なし、ガーゼなし、シャワーOKです。

感染状態でも御座いませんので、抗生剤の内服も不要です。

4日で綺麗に治りました。

親御さんにも喜んで頂きました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療4日後

加療4日後

関連記事

  1. 湿潤療法を求めて

  2. 250度に熱せられた塗料による、前腕熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    顔の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 顎部、前腕の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    8歳男児 大腿の熱傷(湿潤療法)

  6. 3歳 大腿の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP