粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

またまた、植皮を勧められた患者さんが逃げて来られました。(湿潤療法)

 

 患者さんは、お若い女性です。

足を低温熱傷してしまい、近医を受診して加療されておられました。

しかし、なかなか治らない為に、

「植皮が必要です。今日中に手術日を決めましょう。」と言われ、色々と調べられ湿潤療法目的にて当院へ受診されました。

実際診察してみますと、母指頭大程の大きさの熱傷。

唖然としてしまいました。

この熱傷に植皮!ですか???

植皮を勧められた医師は、自分が同じ状態の際に植皮を受けられるのでしょうか???

湿潤療法の説明をし、必ず植皮せずに治ることを説明。

同じような症例の写真を見て頂き、安心して帰って頂きました。

もしも植皮をされていたら、無駄な傷跡をお尻に残すところでした。

患者さんの許可が得られれば、後日写真を掲載させて頂きます。

関連記事

  1. 湿潤療法をしていると書いてあったのに・・・

  2. 初診時2

    10年以上治らなかった指のかぶれ(湿潤療法)

  3. 初診時

    1歳 指の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(前腕)

    前回の続きです。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  6. 加療後4日

    3歳 足の熱傷です。(湿潤療法)