粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

頚部の粉瘤(アテローム)です。

術中(被膜を摘出)2

 患者さんは、20代 男性です。
4年前より頸部に粉瘤(アテローム)があり、当院受診されるまでに、他院で2回手術されたそうです。
しかし、2回とも被膜を摘出していなかった為に、再発を繰り返したそうです。
そこで、色々と調べられ、お忙しい中、ご遠方からわざわざ、根治手術目的にて当院受診して頂きました。
「くりぬき法」で手術致しました。
しっかり被膜も摘出いたしましたので、もう再発する可能性は低いと思います。
 術後処置は、当院はもちろん「湿潤療法」でいたしますので、一回も消毒致しません。よって、処置による痛みは非常に少ないです。

術前

術中(内容物を排出)

術中(被膜を摘出)

摘出された粉瘤

術後1日

術後4日

術後1週間

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出手術予約状況

  2. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  4. 術前

    粉瘤(アテローム)頭(くりぬき法)

  5. 術中

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術前

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)(1年9か月後)