粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

頚部の粉瘤(アテローム)です。

術前

 患者さんは、50代 男性です。
4年前より、頚部に粉瘤があったそうです。
ネットで色々と調べられ、ご遠方よりご受診して頂きました。
「くりぬき法」で手術致しました。
この手術を受けられた患者さんの多くの方々は、2週間ほどで創部は治ります。
創部の色が目立たなくなるには、数年かかると思います。

術前

術前

術中(内容物と被膜を摘出)

術中(内容物と被膜を摘出)

術直後

術直後

摘出された粉瘤の内容物と被膜

術後2日

術後5日

術後10日

術後2週間

関連記事

  1. 術中(被膜を摘出)2

    頚部の粉瘤(アテローム)です。

  2. 摘出された粉瘤(左被膜,右内容物)

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  3. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    腹部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)