粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔の湿疹です。(湿潤療法)

初診時2

 患者さんは50代 男性です。
顔の肌荒れを主訴に来院されました。
当院へ来院されるまでに3年間、他の皮膚科へ通院されておられたそうです。
しかし、一向に治らず、色々と調べられ当院受診して頂きました。
お話を伺いますと、3年間色々なクリーム剤、飲み薬で加療されておられました。
 ここで、「クリーム剤」のお話をさせて頂きます。
クリーム剤には、必ず乳化剤が入っております。乳化剤は皮脂を乳化し、皮脂(これがあるから皮膚はしっとりします)を溶かしてしまいます。
よって、油は入っておりますのでクリーム剤を塗った時はしっとりとは致しますが、洗った際に皮膚表面の皮脂を洗い流してしまい、結果的に、カサカサの乾燥肌になってしまいます。(夏井睦先生の自己実験です。)
 ですから、肌には、クリーム剤を塗らない方が良いです。塗って良いのはワセリンです。ワセリンは、皮膚の上に乗っているだけですので、肌をコーティングしてくれます。その結果、皮脂を守ってくれます。
 私も、湿潤療法に出会うまでは、せっせせっせとハンドクリームを塗っておりました。しかし、いつも同じ場所(親指の爪の生え際)の皮膚が割れておりました。ワセリンに変えてから、皮膚トラブルは無くなり、患者さんからもよく「先生お肌きれいですねー!」とほめて頂く事が多いです。(何も特別なことはしておりません。ワセリンを塗っているだけです。)
 外国製であろうが、有名化粧品会社であろうが、高価であろうが、クリーム剤は皮脂を溶かしてしまいますので、使わない方が良いと思います。
 患者さんには、皮膚科から処方されているクリーム剤の塗布を止めて頂き、発赤の強い肌の荒れているところにハイドロコロイドを貼って頂きました。3年間治らなかった肌荒れが、1か月ですっかり治りました。 

初診時

加療1か月後

関連記事

  1. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    額の割創です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    糖尿病壊疽の患者さんの写真です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    挫創 指(湿潤療法)

  5. 初診時2

    熱傷 下腿(なつい式湿潤療法)

  6. 手荒れの患者さんへ