粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

上腕の粉瘤(アテローム)です。

術中(粉瘤内容物を摘出)

 患者さんは、20代 男性です。
数か月前から、右上腕に粉瘤(アテローム)が出来、色々と調べられ、当院受診して頂きました。
 くりぬき法で手術致しました。
術後は穴が開いたようになりますが、多くの場合、2週間ほどで傷は濃いシミ程度の色合いになって落ち着きます。
2年ほどしますと、ほとんど分からなくなる事が多いです。
しかし、傷跡が全く無くなるという訳では御座いません。

術前

術中(粉瘤内容物を摘出)

術直後

被膜ごと摘出された粉瘤

術後1日

術後4日

術後8日

術後8日

術後14日

関連記事

  1. 術中(粉瘤内容物を排出)

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  2. 術前

    粉瘤(アテローム)額(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. アテローム摘出術中2

    頚部に出来た 粉瘤(アテローム)

  5. 術中

    粉瘤(アテローム)顔(くりぬき法)

  6. 術中

    炎症している粉瘤(アテローム)額(くりぬき法)