頬の切創に対しテーピングで加療

 患者さんは10代の可愛い女の子です。

飼い犬に頬を噛まれて受傷されました。

テープで寄せるだけで、切創部の皮膚同士が寄りそうだったので、ご本人、お母様とも相談の上、縫合はせずにテーピングで加療致しました。

 縫合とテーピングのメリット、デメリットは相反致します。

 縫合のメリットは、皮膚同士が強固に寄る事ですが、デメリットは、糸が通っていた跡が残る可能性がある(よく言うムカデの跡です)事と、麻酔をしなければならない事です。

 テーピングのメリットは、糸を使わないので糸が通っていた跡が残らない事と、麻酔をしなくて良い事ですが、デメリットは、縫合ほど強固に皮膚同士が寄らない事です。

どちらが良いのでしょうか?

私の考え方は、切創部の皮膚同士がよるのであれば、テーピングの方が良いのではないかと思っております。

それは、どちらを選んでも、結果があまり変わらないからです。

 縫合することも決して間違えではないと思いますが、わざわざ痛い思いをして(特に子供に麻酔をするのは大変です。)縫合しても、あまり結果が変わらないのであれば、あえて縫合しなくても良いのではないかと考えております。

しかし、皮膚同士がよらない場合は、縫合した方が良いです。

ですから、何が何でも縫合はダメ!という訳ではもちろん御座いません。

テーピングは受傷後6か月間、続けて頂く事をお勧めしております。

 

初診時

初診時

加療後1日

加療後1日

 

加療後8日

加療後8日

 

加療後15日

加療後15日

 

加療後3か月半

加療後3か月半

関連記事

  1. 初診時-1

    11か月 手の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    3歳 前腕の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. 鼻の切創です。(テープ固定)

  4. 初診時

    2歳 額の割創です。(テープ固定)

  5. 初診時(創部拡大)

    顔の裂創です。(テープ固定)

  6. 足趾の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP