粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

手荒れの患者さんへ

 色々と受診したけれど「手荒れ」がなかなか治らないという患者さんがおられます。

お話をお聞き致しますと、ほとんどの患者さんが○○クリーム、または○○ローションというたぐいのお薬を処方されておられます。

 夏井睦先生(湿潤療法を開発された先生)のH.P.(勝手にリンクさせて頂きました)にも御座いますように、クリーム剤、ローション剤とは、結論から言いますと乾燥剤です。

 クリーム剤とは水を油を混ぜたものですが、混ぜるために必要不可欠なものが御座います。それが乳化剤です。乳化剤とは界面活性剤です。界面活性剤とは洗剤です。

つまり

クリーム剤、ローション剤 = 洗剤

なのです。

 よって、クリーム剤、ローション剤を使用されておられる患者さんの「手荒れ」はなかなか治らないのです。

 是非とも、ワセリンに変えてみて下さい。

「手荒れ」がひどい場合は、ワセリンを塗ってからゴム手袋をして寝て下さい。朝には結構しっとりしていることが多いです。

関連記事

  1. 肘・初診時

    額、顎、肘、手、膝の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    9歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時(顎部)

    顎部、手掌の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 前腕(なつい式湿潤療法)(4年半後)

  5. 低温熱傷にはお気を付け下さい。

  6. 初診時(顔)

    熱傷 3歳 顔、胸(湿潤療法)