眉毛部の切創です。(テープ固定で加療しました)

初診時

 患者さんは、10代 女性 です。
家族旅行中にぶつけて受傷されました。
すぐに近くの大きな病院を受診され「縫合」を勧められましたが、ご本人ご家族の強い希望で、「縫合」はされず「テープ固定」となりました。
翌日、大阪へ帰って来られ、色々と調べられ、当院受診して頂きました。
 テープ固定をする事により、切れて離れた皮膚同士が十分に寄りましたので、テープ固定で加療致しました。
この程度の切創であれば、縫合しなくとも、テープ固定で十分綺麗に治ります。
ただし、テープで切れた皮膚同士が十分に寄らない場合は、縫合の適応となります。
(縫合をするにあたっては、局所麻酔に耐えられることが前提条件となります。
よって、小さなお子さんであれば、ある程度切れた皮膚同士が寄るのであれば、テープ固定でも良いのではないかと、考えております。)

初診時

初診時

テープ固定 加療後3日

加療後3日

テープ固定 加療後8日

加療後8日

テープ固定 加療後22日

加療後22日

テープ固定 加療後57日

加療後57日

関連記事

  1. 顔面の擦過創です。(湿潤療法)

  2. 顔の挫創です。(湿潤療法)

  3. 湿潤療法の説明

  4. 加療後1日(掌側)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 糖尿病壊疽の患者さんの写真です。(湿潤療法)

  6. 5歳 鼻の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP