粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔の粉瘤(アテローム)です。

術中(粉瘤内容物を摘出)2

 患者さんは、50代 男性です。
約2年前から右頬に粉瘤が有ったそうです。
近医皮膚科受診されましたが、顔ということで手術を断られたそうです。
そこで、色々と調べられ、当院を受診して頂きました。
 くりぬき法で手術致しました。
他疾患で術後2か月過ぎに来院されましたので、創部の写真を撮らせて頂きました。
術後2か月程経ちますと、創部はかなり目立たなくなるようです。
(もちろん全く分からなくなるという訳では御座いません。)
 術後の創部は、湿潤療法で治療致しますので、一切消毒はしません。
よって、術後処置の痛みは、ほとんど御座いません。
手術当日からお風呂、シャワーOKです。
(手術当日のみ、創部に防水テープを貼って入浴して頂きます。翌日からは、創部に直接お湯をかけて洗って頂きます。痛みはほとんど御座いません。)

術前

術中(粉瘤内容物を摘出)

術中(粉瘤内容物を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術後1日

術後4日

術後11日

術後18日

術後2か月10日

関連記事

  1. 初診時

    熱傷 下腿(湿潤療法)

  2. 初診時(右側面)2

    顔、前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    挫創 膝(湿潤療法)

  4. 加療後3日(右手)2

    熱傷 2歳 手(なつい式湿潤療法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    炎症性粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  6. 初診時

    顎部の割創です。(テープ固定)