前腕の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、30代 女性 です。
炊飯器から排出する蒸気に左前腕が当たり、熱傷されました。
受傷翌日、近医皮膚科を受診。
消毒、ガーゼ処置を受けられ、抗生物質を処方され、水疱が破れたら軟膏を塗っておくように指示されたそうです。
処置の仕方に納得がいかず、色々と調べられ、当院受診されました。
① 湿潤療法の説明。(消毒しません。ガーゼあてません。毎日シャワーOKです。)
② 水疱は、感染源になりますので、すぐに切除した方が良いです。
③ 感染状態では無いので、抗生物質は内服する必要は御座いません。
③ 10日ほどで治るでしょう。
以上の説明をし、安心して頂きました。
ハイドロコロイドを貼布し、加療致しました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後5日

加療後5日

関連記事

  1. 植皮が必要と言われた下腿熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    下腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時2

    生後11か月 手の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(前腕)

    顎部、前腕の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    3歳 前腕の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  6. 加療後4日(2)

    2歳 顎と胸部の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP