粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

腹部の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、20代 女性です。
熱湯をこぼしてしまい、熱傷されました。
その後、湿潤療法をしていると謳っているクリニックを受診されましたが、その医師から「うちでは無理だから、皮膚科に行って下さい。」と言われたそうです。
そこで、色々と調べられ、受傷6日後に当院受診して頂きました。
湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。
10日ほどで治りました。
 しかしなぜ、最初にご受診された湿潤療法をしていると謳っている医師から、この程度の浅い熱傷に対し治療が無理と言われたのか、甚だ疑問です。

初診時

加療後1日

加療後8日

関連記事

  1. 初診時(正面)2

    挫創 指(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時・正面

    下腿から足にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    挫創 額(湿潤療法)

  4. 初診時2

    ティファール熱傷(湿潤療法)

  5. 加療後1日(掌側)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    顎の挫創です。(湿潤療法)