頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、30代 男性です。

10年前より、左頬に粉瘤が有ったそうです。

粉瘤特有の臭いが気になり、手術目的にて色々と調べられ、ご遠方より当院を受診して頂きました。

くりぬき法で手術をし、術後処置を湿潤療法で加療している医療機関は、なかなか見つからなかったそうです。

くりぬき法で手術を行いました。

術後は、もちろん湿潤療法で加療致しました。

よって、手術当日は創部に防水テープをして、翌日からは直接創部を露出した状態で、シャワー、入浴OKです。当日からシャワーで創部を流しても良いのですが、出血いたしますので、当日は控えて頂いております。

術後一度も消毒はしておりません。

消毒しますと、皮膚を守ってくれている皮膚常在菌が殺されます。よって、逆に感染し易くなります。また、この創部を消毒しますと、激痛を伴います。

感染予防には、毎日シャワーで創部を流す事が、一番重要です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質も処方しておりません。(抗生物質を内服する事は、感染予防にはなりません。)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

  

粉瘤(アテローム)摘出 術中(被膜を摘出)

術中(被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

  

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後22日

術後22日

関連記事

  1. 術中

    顔の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 3歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    頬の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    眉毛部の切創です。(テープ固定で加療しました)

  6. 粉瘤(アテローム)の症例です。

PAGE TOP