粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 患者さんは、50代 男性 です。
約8年前より、後頚部に粉瘤が有ったそうです。
かねてから手術を受けたかったそうですが、どこで手術を受ければよいのかが分からず、ずっと放置されてきたそうです。
色々とインターネットで調べられ、当院を受診して頂きました。
手術はくりぬき法で致しました。
術後はもちろん湿潤療法で加療致しました。
よって、毎日シャワー、入浴OKです。
(手術当日のみ出血致しますので、防水テープを貼っております。)
また、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません(抗生物質を内服する事は、感染予防にはなりません。)

 

術前

術前

術中正面(内容物を排出)

術中側面(内容物を排出)

術直後

粉瘤(左被膜・右内容物)

術後1日

術後2日

術後5日

術後8日 

術後19日

関連記事

  1. 術中

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. ①背部粉瘤

    炎症が強くとも、粉瘤(アテローム)の手術は出来ます。

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頭(くりぬき法)

  6. 術中(被膜ごと摘出)

    腹部の粉瘤(アテローム)です。