肉芽形成を伴う陥入爪(爪周囲炎)です。

患者さんは、30代 男性です。

 深爪をしてから、急に肉芽が出来、痛みが強くなってきて、歩行しにくくなってきた為に、近医を受診されました。医師からは、抗生物質を処方され、様子を見るように言われただけで、今後の説明がほとんど無かったそうです。そこで、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。

 局所麻酔下にて、肉芽を大きくえぐるように切除します。その後、止血剤を創部に充填し、フィルム剤で密封致しました。

 手術翌日からは、毎日シャワーOKです。

もちろん、消毒は一切行いません。

感染状態にもなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 手術翌日から痛みから解放され、普通に歩行可能となり、大変喜んで頂きました。

 術後12日目に小さい肉芽の再発が有りましたので、1週間ほど圧迫致しました。圧迫しておきますと、小さい肉芽は消褪していくことが多いです。

術前

術前

 

術後2日

術後2日

 

術後5日

術後5日

 

術後12日

術後12日

 

術後14日

術後14日

 

術後19日

術後19日

 

術後27日

術後27日

 

 2月21日(土曜日)の最終受付時間は、都合により午前11時となります。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程宜しくお願い致します。

 

関連記事

  1. 肉芽形成を伴う陥入爪

  2. 巻き爪(陥入爪)に対する手術です。

  3. 巻き爪(陥入爪)の症例です。

  4. 手術予約枠に関して

  5. 巻き爪と深爪

  6. 巻き爪(陥入爪)の手術

PAGE TOP