0歳 手指の熱傷です。(湿潤療法)

患者さんは、生後6か月の可愛い可愛い男の子です。

炊飯器の蒸気を触ってしまし、熱傷されました。

かかりつけの小児科を受診されましたが、従来通りの治療(消毒、ガーゼ)だったために、色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて当院を御受診されました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

その後は、ハイドロコロイドで被覆致しました。

ご自宅では、毎日シャワーで直接創部を洗い流して頂き、その後、ハイドロコロイドを貼って頂きました。

入浴も可能です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

1歳半まで手掌側の熱傷は、高率で拘縮が起こるために、湿潤療法で治療致しましても、拘縮改善目的にて植皮手術が必要になる場合が多いです。

 しかし、湿潤療法で加療した後の拘縮と、従来通りの治療後の拘縮では、拘縮範囲が圧倒的に湿潤療法後の方が小さい為に、湿潤療法で加療した後の方が、拘縮改善手術の範囲は小さくなります。

今回は、拘縮しなかったので、非常に良かったです。

初診時

初診時

 

初診時(水疱切除後)

初診時(水疱切除後)

 

湿潤療法 加療後1日

加療後1日

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

湿潤療法 加療後38日

加療後38日

 

拘縮することなく、治癒しています。

他部位の怪我で8か月後に受診されましたので、その際に手の写真を撮らせて頂きました。

加療後8か月

加療後8か月

 

関連記事

  1. 初診時・正面

    下腿から足にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  2. 6歳 胸部、頚部の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 前回(10月30日)の続きです。

  4. 加療後3日

    前腕の挫創です。(湿潤療法)

  5. 植皮が必要と言われた下腿熱傷です。(湿潤療法)

  6. 2歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP