粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

こめかみの裂創です。(テープ固定)

初診時

 患者さんは、30代 女性 です。
飲酒後転倒し、受傷されました。(眼球が無事で良かったです。)
ご自分で創傷被覆材を貼り湿潤療法で治療していたそうですが、傷がふさがらないので心配になり、受傷1週間後に当院受診されました。
 この傷は、皮膚欠損創ではなく、裂創ですので、創傷被覆材を貼るより、創部を寄せる必要が御座います。幸い、受傷後1週間経っておりましたが、湿潤療法をされていたからでしょう。創部が未だ柔らかく創部同士がテープで寄る事を確認できましたので、縫合せずにテープ固定で加療致しました。
もちろん、毎日シャワー、入浴OKです。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

加療後5日

 

関連記事

  1. 初診時(斜位)

    挫創 顔(湿潤療法)

  2. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時(側腹部)

    熱傷 1歳 胸部、側腹部、上肢、大腿(湿潤療法)

  4. 初診時(正面)

    1歳 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時2

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)